mattariponのぽんこつ日記

まったりと趣味にいそしむ日々をまったり綴っていきます。

 ラノベ原作

シュガーアップル・フェアリーテイル

晴れのような曇りのような、微妙な天気です。

早朝の空をDannasanが撮影していました。

歯茎の方は1回目より早く止血し、朝には止血用ガーゼも必要なくなりました。
もらってきたガーゼが、1パック残りました。

昨日は帰宅後からずっとガーゼを挟んでいたので、透明な飲み物だけにしました。
冷たいほうが良い、と書いてあったので、リンゴジュース頼り。

術後に先生から
「腫れるよ~」
とDannasanが予告を受けていたそうです。
予言通り、今朝は右側がパンパン。
ほうれい線もすっかり引き延ばされて、跡形もなし。
「うわ~、ふくらんだねぇ、しぼんだらシワシワになりそう」
とBocchanの感想。
シワシワって
術後48~72時間がピークだそうです。
冷やすようにと指示書に書いてあったので、暖房の部屋でアイスパック

今朝もリンゴジュースで乗り切りました。
ガーゼも外れたので、お昼から、冷えた紅茶に豆乳を入れて2杯、リンゴジュース、アイスクリームを食べました。
口が開かないので、授業中でもないのにあくびをかみ殺しています。

***

2023年に第1クールと第2クール全24話が放送されたアニメ「シュガーアップル・フェアリーテイル」を見ました。

シュガーアップル・フェアリーテイル

三川みりによるライトノベルが原作だそうで、全18巻で完結しているようです。
コミカライズもされていて、幸村アルト作画によるものは全2巻で完結、夜空のうどん作画によるものは、現在連載中でコミックスは2巻が既刊されているそうです。

原作に関しては、こちらに詳しくありました。

シュガーアップル・フェアリーテイル 原作

原作が完結してから、満を持してのアニメ化!という感じですね~

砂糖林檎から精製する銀砂糖を使って、美しい造形物を作る銀砂糖師。
主人公:アンは、亡き母の後を継いで立派な銀砂糖師になるために日々研鑽を摘んでいます。
国王から銀砂糖子爵の任命を受けるための品評会に出品するための旅の途上、身を守るために戦士妖精のシャルを商人から買います。
妖精とは対等の立場でいたいと思っているアンは、シャルを”買う”ことにも抵抗があり、シャルに命令を下すことにも反発を感じていました。

この世界では、使役者は妖精の片方の羽根を持ち、主従の関係になります。
羽根は妖精の心臓のようなもので、羽を握りつぶされるととても苦しんでしまいます。
アンは、いつの日かシャルに羽根を返し、自由にしてあげたいと望んでいました。

女性の銀砂糖師は珍しく、アンは奇異の目で見られたり職人たちから嫉妬され、妨害を受けたりしてしまいます。
アンが傷つくことのないよう、シャルは陰になり日向になりアンを守ろうとし、常に傍らにいるようになります。

妨害や工房の職人たちからいじめにあいながらも国王の前に素晴らしい作品を持参し、称賛を得て銀砂糖師の称号を受けることができました。
ところが、シャルはアンが受けた妨害を阻止するために自らを犠牲にし、アンと離れる決意をしてしまいます。

第1クール、なんと、二人が引き裂かれてしまったシーンで終わってしまいました
Dannasanと
「えーーーーここで終わり―――
とシンクロしてしまいました。
がっかりマックスでしたが、第2クールが7月から放送と情報が

待ちに待った第2クール。
シャルが連れていかれたペイジ工房へアンも追いかけていき、そこで職人頭として働くことになりました。
工房の長の計らいでシャルの片羽根を取り戻すことができ、シャルは自由の身となりました。
けれども、彼は彼の意思でアンのそばにとどまることを誓います。

年に一度の教会での催しでペイジ工房の作品を展示できることになり、職人たちは大わらわとなります。
そんな中、妖精王を名乗るラファルにアンがさらわれてしまいます。
シャルはアンを取り戻すために戦いに挑み、職人たちは納期を目指して作品作りにはげみます。

アンがシャルと共に無事に工房に戻り、教会の祭典での飾りは人々を魅了し、沢山の幸せが盛り込まれた最後となりました。

多分、原作の何話分かが1話に盛り込まれていたのかもしれませんが、話の展開が気持ちよく、シャルのカッコよさもちゃんと堪能できました。
イケボにイケメン
惚れずにいられようか、ですよ。
アンはシャルに頼るだけでなく、自分のすべきこと、自分の力で進もうとする姿が共感できました。

原作ではこの先の展開もあるようですが、アニメとしてはきれいにまとまったような気がします。
2期があったら嬉しいけれど、ここまででもかなり満足度ありな作品でした。

魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う 第2期

昨晩のうちに雨が降ったようです。
朝から湿度が高めで、頭痛薬、出動です。

今週の天気

明日から少し湿度も下がりそうです。

今朝は、9時過ぎに、Bocchanの運転で男子ズが出勤しました。
月曜日のこの時間は車の渋滞もなく、スムーズに通勤できるようです。
Dannasanは愛情ギュウギュウ詰めのお弁当を持参し、Bocchanは会社の無料ランチの
インド料理系をオーダーしてあるそうです。

二人が出かけた後、Mamaはソレッとばかりに外の掃除、家の掃除などなどで汗だくでした。
外の掃除中の9時半ごろ、大家さんご夫妻がいらっしゃいました。

お隣との境にあるお隣のオリーヴの実がボロボロ落ちて、歩道がとっても汚くなっていたので、我が家側の掃除をしていたら、
「こっちに飛び出している枝を、今度切るわね」
と大家さんの奥さまがおっしゃっていました。
そうしてくださると助かるわ~。

ご主人様が
「多分、今日でブロックは終わる予定だよ、(土を)掘ったり(ブロックを)積んだり体を動かしてジムに行っているかのようだ(笑)」
と爽やかに笑っていらっしゃいました。
12時半ごろ、すっきりと片付けてお帰りになられました。
多分、出来上がり?
新しく積まれたブロック

奥の方にある、湿った濃い色の一列が新しくできた塀です。

今朝は、すでに作ってあった右側の塀も少し高くしていかれました。

右寄りの白っぽい塀の部分。
お庭の改造計画はひと段落されたかしらね

***

2023年に第2期第1クールが全12話で放送された「魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う」第2期第1クールを見ました。

魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う 2期

原作は秋によるライトノベルで、18巻まで既刊されているようです。
原作の途中まで(?)は、こちらで読めます。

小説家になろう 魔王学院の不適合者

実はこのアニメ、第1期をすでに見ていたのでした。
細部が思い出せず、1期全13話の1話から見直しました。
そうだった!
魔王様、最強なのだった!

で、第2期にはいったら、魔王様の声が鈴木さんから梅原さんに交代していました。
うーん・・・そうだねぇ、多分大人の事情があるんだねぇ。

でもね、梅原さんの魔王様も、これまたいいんだわ~
魔王様に強さの上に優しさがプラスされたような、ホント、美声。

で、第2期第1クール、原作の第4章にあたる所のようです。
(ちなみに、上記の原作サイトでは14章まで更新されています)

魔王アノスがいなくなってから、魔界には偽の魔王の名前が流布されていました。
偽の魔王の噂を根源として出来上がった魔王:アヴォス・ディルヘヴィアと、本物の魔王:アノス・ヴォルディゴードとの直接対決。

本物の魔王:アノスの何があってももろともしない、ゆるぎない自信と力で、次々と敵をねじ伏せていきます。
イヤー、気持ちがいいの、なんのって
絶対王者が、凛として常に王者であり、負けないのよ。
しかも、いい声でね

来年2024年には、第2期の第2クールが放送決定です。
これまた待ち遠しいわ

神達に拾われた男

今日は、十五夜です。
昨晩も、なんなら満月だったんじゃない?
Dannasanが撮影していました。

撮影のモードをあれこれ試しているようです。
今晩はさらに真ん丸になるのでしょうか?

朝は快晴でしたが、午後になってだんだん雲が厚くなってきています。
今晩、雨が降るらしい。
あながち嘘でもないような空模様です。

午前中に、日本食スーパーに行きました。
なにかと品薄でしたが、陳列前だったのかしら。
それなりに、まあまあ手に入ったのでよしとしましょうかね。

***

2020年に全12話で放送されたアニメ「神達に拾われた男」を見ました。
「ほのぼのするねぇ」
とあったか世界に浸かっていたのですが、なんと2023年に第2期が全12話で、放送済みでした!
これは見なければ!
というわけで、第2期も見ました。

神達に拾われた男

Roy著によるライトノベルが原作で、13巻まで既刊だそうです。
漫画化もされているようです。
原作は、”小説家になろう”で連作が開始されたそうです。
こちらで読めます。

神達に拾われた男(改訂版)

今も、毎月新しいエピソードが更新されているようです。

39歳、独身男性、身寄りは無し。
竹林竜馬(たけばやし りょうま)は、いわゆるブラック企業で働いていたが、ある晩にくしゃみをした拍子に頭を強く打って死亡してしまいました。
3人の神達に拾われ、現世での記憶を持ちつつ、異世界へ10歳の子供の姿となって転生します。

竜馬は、しばらくは森の中で魔法の訓練やスライムの研究に打ち込んで過ごしました。
従えたスライムの数は900を越えるほどになっていました。

ある時、森で困っていた一行を助け、その一行が公爵様一行だったことから、色々と親切にしてもらえるようになりました。
一緒に町に出て、公爵から町で生活するきっかけをもらいました。
その街で冒険者として登録し、商業ギルドにも登録してスライムを使った洗濯やさんをはじめます。
洗濯屋はみるみる繁盛し、従業員を増やし、現世で体験したブラック企業にならないよう雇用内容を検討したり、商人としてのノウハウも盛り込まれていきます。
出会う人々、手助けしてくれる人々に恵まれ、竜馬はこの町にすっかりなじんでいきます。

2期では、洗濯屋さんの2号店を開店します。
新しいお店の建築や新しく店員を雇ったりする合間にスライムの研究も進み、進化するスライムも出てきました。

公爵家の令嬢と一緒に湖に出向き、新しい従魔を得ることもできました。
竜馬は1号店と2号店の店長として、忙しい毎日を送ります。

1号店の町でのお祭りの準備や、旅芸人たちとの出会い、オルゴールなどこの世界での新商品の開発にも携わります。

現世での過酷な日々とは一転し、竜馬に好意的な人々との出会いや沢山のスキルも身に着け、
神たちに見守られて順風満帆な日々が描かれていきます。
穏やかで、成功体験にあふれ、人々との心温まるふれあいに満ちたほのぼのとした作品でした。

史上最強の大魔王、村人Aに転生する

昨日の週間予報で、今日は雨マークがついていました。
6月に雨なんてまっさか~。

う~ん、降りそうでもあり、現状維持のような気もするし。

とりあえず散歩に出てみました。
リンゴ

まだこつぶちゃん。

ファイジョア

今日もおいしそうなお花。

と思っていたら、ぽつん、ぽつんと雨が降ってきました。
「今すぐにもやみそうだよ」
「いやいや、びしょ濡れになる前に帰る
と13分、2236フィート(約 0.42マイル、約 0.68 Km)の最短お散歩でした。

その後、軒から雫が落ちるほど、結構本格的に降ったのよ

あじさいに雨の水滴がつきました。
日本の梅雨みたい。
踵を返して帰ってきてよかったわ

それにしても、6月に雨って、10年ぶりくらいじゃない
この時期は、日本語学校の運動会の季節です。
Jouchanが小学校4年生の時に、大雨で運動会が中止になったことがあります。
あの時、彼女は泣いて残念がりましたわ。
なんせ、運動会のために日本語学校に通っていたといっても過言ではないくらい、一番好きな行事でしたものね。
別の日に、規模が半分以下に縮小されたミニミニ運動会が行われましたっけね。
6月の雨は、あれ以来のような気がします。

***

2022年に全12話で放送されたアニメ「史上最強の大魔王、村人Aに転生する」を見ました。

史上最強の大魔王、村人Aに転生する

下等妙人(かとうみょうじん)によるライトノベルが原作になっているようです。
原作は、全11巻が既刊されていて、すでに完結しています。
’小説家になろう’で連載されていました。
原作は、こちらで読めます。

史上最強の大魔王、村人Aに転生する村人村人(規格外)による、普通だけど普通じゃない英雄譚~

原作を眺めてみましたら、全10部からなっていますね。
今回のアニメは、原作の3部までを描いているのではないかしら。
原作の最終話には、程遠い感じだわ(笑)
もしかして、2期を狙っているのかな?

最強の魔王であったヴァルヴァトスは、その強さ故に対等に付き合える友人もない孤独な日々を送っていました。
友人を作ったり、平凡な生活を求めて何千年後かの世界へと魔法を使って転生し、アード・メテオールとして生まれ変わります。

幼いころに友となったイリーナと共に、魔法学校へ入学します。
アードが生まれ変わったその時代は魔法文明が衰退していて、アードの魔法は規格外の強さでした。
学園でのアードは、桁外れな強さと規格外の魔法を操って、平凡な学生生活とはなりませんでした。

学生同士の決闘では全く相手にならない強さを見せてしまったり、
魔族との争いでは一瞬にして敵をせん滅したり、すがすがしいほどの強さを見せてくれました
史上最強の大魔王、さすがです!!

アードが過去に大魔王であったころ、大切な友人(リディア)を自身の手にかけて亡き者にしなければならなかったことが、ずっと心の痛みとなって残っていました。
あるとき、時間と空間を強制的に移動させられ、リディアと共に戦っている時代へと飛ばされます。

この世界でリディアと再会し、彼女自身の口から彼女の持つ最期の望みを聞き、抱えてきた罪の意識と心の痛みに折り合いをつけることができました。
また別の世界へと転生していたもう一人の自分:アード・メテオールと出会い、自分対自分の戦いへともつれこんでいきます。
リディアを救いたいもう一人の自分と、リディアの願いを聞き入れて彼女の死を受け入れた自分との葛藤があり、もう一人の自分へと打ち勝つことができました。

その勝利によって、転生した元の世界へと帰ることができました。

転生しても最強なので、絶対の勝利ですよ~。
最強主人公、かっこいいわ~
ピンチには絶対に現れてくれるし、絶対に勝つし、絶対に守ってくれるしね
気持ちよく、スキッとまとまって終わった作品でした。

後宮の烏

お日様が、朝からまぶしい!

今日は、朝8時10分ごろ家を出て、サンフランシスコに行ってきました。
85号線は、二人乗り以上が使えるカープールレーンを使っても止まり止まりでした。
280号線は、特に渋滞もなく、目的地に時間通りに到着しました。

サンフランシスコは、風が寒い!

ダウンジャケットでもよかったくらいでした。

エントランスに素敵な飾り。

何度も通っているはずなのに、今まで気付きませんでした。
もしかしたら、まだどこかにおしゃれが隠されているかもしれませんね。

思ったよりも早めに用事がすみ、帰路も問題なく2時ごろに帰宅しました。
帰りの車中、ちょっとうつらうつらしちゃった
運転、お疲れさまでした

***

2022年に全13話で放送された「後宮の烏」を見ました。

後宮の烏

白川紺子のライト文芸が原作となっているそうです。
原作は、全7巻で完結しているようです。

ライト文芸・・・初めて知った言葉なので検索してみました。
”ライトノベルと小節との間に位置する”のだそうです。
少し前に電子で読んだ「謎解きはディナーのあとで」は、この分野の代表作なのですって!
知らなんだ

皇帝が君臨していたころの中国の世界観を漂わせた、美しく雅な物語。

烏姫(うひ)と呼ばれる不思議な術を持つ妃は、陛下にひざまずくことも夜伽をすることもない特別な妃です。
ある時、皇帝:高峻(こうしゅん)が、ヒスイの耳飾りの持ち主を探してほしい、と烏姫に依頼をしに訪れます。

かつては皇帝が烏姫の元を訪れることもなかったのですが、高峻が烏姫の元を訪れたことで、物語が動き始めます。
それまで侍女も持たず、後宮で一人静かに日々を過ごしていた烏姫は、高峻の依頼から人と接するようになっていきます。

烏姫は、後宮にいる幽鬼の未練を汲んであの世へ送ったり、人の理を外れて死者が蘇った事件を納めたり、不思議な術を使って持ち込まれる厄介ごとを解決していきます。
始めは話をすることさえ厭っていた高峻とお茶を飲む友となり、彼の周りで起こる幽鬼絡みの出来事に共に向かっていくようになります。

この二人にロマンスの出来事は起こらないのかもしれませんが、凛とした二人の姿がとても優雅でした。
友人以上恋人未満とでも言いましょうか、つかず離れず、それでいてお互いを思いやる関係が美しかったです。
中華風の舞台設定も華やかさと幽玄さが合わさり、映像も見ごたえがありました。
大人の雰囲気を持ち合わせたしっとりと落ち着いた、趣のあるアニメでした
プロフィール

mattaripon

1995年からカリフォルニア・シリコンバレー在住。
在住年数と英語力は、反比例。
夫と息子と嫁と娘の5人家族。
声楽家かもしれない主婦。

ギャラリー
  • オレンジ
  • やっとかめ探偵団危うし
  • 目医者のチェックアップ
  • 桜
  • 桜
  • 桜
  • 桜
  • 桜
  • 桜
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ