mattariponのぽんこつ日記

まったりと趣味にいそしむ日々をまったり綴っていきます。

 コミック

暁のヨナ 40

ほとんど風もなく、うららかな陽気です。

午前中に、日本食スーパーにお買い物に行きました。
本屋さんが付随しているスーパーは、お正月用品購入以来かな?

お正月物はすっかり影を潜め、ぽつぽつ、節分物が置いてありました。
今年の節分は2月3日です。
豆の準備完了
しっかり豆をまいて、悪霊退散、福を呼び込みたいものです。

並びのパン屋さんで、久しぶりに調理パンを買いました。
お店は、店内10人までの規制が継続中でした。
外で一人待ちでしたので、2番に並びました。
ほどなくして、後ろにも数人並び始めていました。

Dannasanは並ぶのが大の苦手なので
「帰ろうよ。」
と早速くじけていましたが
「メロンパンが食べたいよぉ
と、わがままを通し、ゲットです!

外がカリッとしたメロンパン!
これよ、これ‼
これは、やっぱり日本のパン屋さんじゃないと手に入らないのよね~。

店内でとても久しぶりの友人に会い、これまた久しぶりに家族以外の人との日本語で生会話
今月に入って、初めてじゃない
まったく、どんな穴倉生活やら

本日の一番のお目当て。
本屋さんで、日本の1月20日に発売された「暁のヨナ 40巻」を買いましたぁー

日本の発売日から1週間で、こちらでもすでに販売されてましたよ。
平積み残り5冊でした。
流通が正常に戻ってきたのですね。

前回は、南戒(みなみかい)国からの暗殺集団が緋龍城(ひりゅうじょう)へやってきて、ヨナ姫の仲間であり医術の心得のあるユン君が人質になってしまったところで終わっていました。

ヨナたちに助けられたメイニャン姫を迎えに来ていたヴァル将軍は、自国の暗殺集団と刃を交え、反逆者となります。
元は軍部出身のメイニャン姫も、ユン君を守るためにヴァル将軍と共に戦います。
ところが、そこへ現れためっぽう強い暗殺者は、南戒国の最高権力者であるチャゴル殿下でした。
圧倒的な威圧感でヴァル将軍を抑え込み、
あっという間にメイニャン姫を奪い去ってしまいました。
さらに、ヨナ姫たちの古巣である緋龍城を火の海にしてしまいます。

ヨナ姫に付き従う四龍たちは、緋龍城が焼かれ始めてから体が思うように動かなくなってしまいます。
水に流されケガを負っていたハクと四龍は、ユン君とヨナ姫の力で何とか回復し、これから始まる南戒との戦いへと突入していくところで、次巻へ続く・・・

この巻は、チャゴル殿下のいや~な威圧感が存分に発揮されて、これからこの軍とどう戦っていくのか、勝機はあるのか、いやなんか勝てる気がしない、って感じでした。
メイニャン姫とヴァル将軍に明るい未来があるといいなぁ、二人にも幸せになってもらいたい!と思わずにはいられませんでした。

戦いのさなかにありながら、ヨナ姫とハクの、お互いを信頼して、支えあって、守りあって、静かに心が通い合っているさまが感じ取れて、やっぱりこの二人いいなぁ、と思いました。

大抵は最終ページにある次巻予告が、今回載ってなかったの
多分、3か月後くらい、と予想して、楽しみに待ちます

ナビガトリア

朝は、風と雨で嵐の様相を呈していました。
午前中は、時折、ゴーッと言う音が聞こえるほどの雨が降っていました。
午後になって、小休止中です。

捨ててしまったと思っていたパッキンが、なんとなんと、お皿にくっついて出てきました

食べ物を乗せようと思ったらそこにあり、ビックリ
玉ねぎだと思って捨てたのは、本当に玉ねぎだったのね
パッキン装着。

あるべき場所に収まりました
これでまた安心して使えます

***

アサダニッキ著の「ナビガトリア」全3巻を読みました。


1巻を読んだら、まさに私のツボ!
我慢しきれずに、
電子コミックスで衝動買いしちゃいました
サクッと3巻で完結、というのも魅力的でした。

こよりは、東京の小さな会社で働いていましたが、リストラにあい、ネットで知り合った島根県の友人:実(みのる)君(ちなみに、中2)宅に滞在することになります。
実は両親を早くに無くし、祖母と兄姉3人の生活でした。
実の兄:昭(あき)は、家族を養うために高校卒業と同時に働き始め、31歳でいまだ独身でした。
こよりが実の家にやってきたことで、近所の人たちが昭の彼女と勘違いし、こよりもお酒の勢いで婚約状態と口から出まかせを言ってしまいます。

嘘からはじまったこよりと昭の関係が、ゆっくり、ゆっくり、紡がれていきます。
家族がお互いを思いあい、一人一人が少しずつ心を開き、こよりの存在で癒されていきます。
こよりも、この家族を大切に思い、東京で疲れ切っていた心が癒されていきます。

今となっては薄くなってしまったご近所づきあいの、良いところも面倒なところも語られていました。
それを分かった上で、こよりが昭のそばでここに住む、と決めていく流れも、とても自然に描かれていました。
二人のゆっくり流れる大人の恋が、上品に仕上がっていました。

キャラクターたちの心の動きもぎゅっと詰め込まれた、ほっかほかの全3巻でした。
何度読んでも、心が温かくなりますわ~。
エンディングも、大大満足
こんなに素敵な作品に出会えて、幸せ 

暁のヨナ 39

日中はうららかで、縁側でお茶をすすりながらボケっとしたい気分ですわ

朝のお散歩では、ダウンジャケットを着始めました。
ポカポカ手袋も登場です

昨日からの頭痛は、メゾピアノくらいまで治まってきました。
もう一息で抜けそうです

今朝は、芋虫の公園のほうに行きました。
バラ
 
薄ピンクのバラの後ろに、レーズンになったぶどうが、まだ枝たらぶら下がっていました。
天然の干しブドウ、どれほどの甘さかしらね。

ドア飾りが、かわいい
 
軒から下がった飾りは、ドア飾り用のようです。
こういう使い方もあるのね!
工夫次第で可愛い飾りになるのね~。
発想の転換、勉強になるわ

黄色いお花

何の種類かしら。
お花に覆われて、素敵な通路よ。
1.91マイル(約 3.07 Km)のお散歩でした。

***

草凪みずほ著の「暁のヨナ 39巻」を購入しましたぁ。


日本では9月20日に発売になっていました。
待ってましたわ~
ワクワク
今回は、まだ平積みが何冊もあるときに買いに行かれました

帰宅するなりザーッと読んで、泣けました
もう一度最初からゆっくり読んで、やっぱり泣けました

前巻では、ヨナ姫の幼なじみで現国王のスウォンの心の葛藤などもありつつ、
四龍たちも戦いに巻き込まれていき、ハクがさっそうと現れたところで終わっていました。

ハクは、ヨナ姫の敵であるはずの、憎む相手であるはずのスウォンの病のための薬草を命がけで持ち帰り、
スウォンに手渡して意識を失います。
何巻ぶりでしょう、やっと、やっと、ヨナ姫とハクが再会を果たします。

雨の音に、濁流にのまれた記憶がよみがえってきて意識が混乱するハク。
ハクの心を必死で落ち着かせようとするヨナ姫。
何度読んでも泣けるぅ~

しばらくは、二人の穏やかな時間が描かれるとよいのだけれど…
と思いつつも、新たなる火種が勃発。
情勢は不安定のままのようです。

スウォンの病気も気になりますし、四龍たちの行く末も気になります。
次巻は、年明けになりそうです。

黒執事 32

今日も快晴です。

あまり風は強くないです。

昨日は、サンフランシスコへ行ってきました。
Jouchanをオフィスに落としがてら、280号線で行きました。
出がけは曇っていましたが、サンフランシスコでは青空が見えました。

予想よりも早めに用事が済み、お昼過ぎに帰宅できました。
全てを放り出して出かけたので、帰ってきてからガガーン
そうだったぁ
主婦の’あるある’ですよね~

今日は、Dannasanの9時半からのミーティング前に、サクッと芋虫の公園のほうを回りました。
2.27マイル(約 3.65 Km)のお散歩でした。

今年は、家の洋ナシの実がとても少なく、ざっと見たところ4個?

それが虫に食われていたら、ほとんど食べられませんことよ。
今年はコンポートが1回作れるかなぁ。

ザクロは、ぼちぼちなっているようです。

それでもやっぱり数えるほどかな?

***

数日前に紀伊国屋へ行き、7月27日に発売になった「黒執事 32巻」を買いました。

入荷しているかちょっと心配でしたが、店頭平積み、まだ余裕あり、でした。

前回は、9月に発売になっていて11月に購入した模様。
32巻発売が半年以上たっていたのですね。

今回は、坊ちゃんに料理長として雇われている元傭兵の過去話がメインでした。
数々の戦場を潜り抜け、セバスチャンに出会ってスカウトされ、警護の仕事かと思ったら料理長の仕事でびっくり仰天。
セバスチャンに料理を仕込まれるようすがちょっとコミカルで、坊ちゃんを守るための戦闘シーンとのメリハリがきいていました。

腕に自信のある料理長を説得する際のセバスチャンの強さったら
惚れ惚れしますわ~

ペンネームの  と言う漢字が、変換で出てこなーい  
この字、とまら、と読んだりもするみたいです。
「柩 と間違えられやすい」と、どこかに書いていらっしゃることもありましたっけ。

作者の
枢(とぼそ)やなさんは、1984年生まれで現在38歳でいらっしゃるようです。
黒執事の画集もいくつか発売されています。
一度知人に画集をお借りしたことがあるのですが、それはそれはきれいな画風でした。

ストーリー展開がワクワクすることはもちろんながら、漫画の絵を見ているだけでもあっという間に時間が経ってしまいます。
坊ちゃんの賢さを秘めたかわいらしさと、セバスチャンのしなやかな美形に魅せられております

結末が全く予想つかないストーリー展開。
まだまだ追いかけますわよ~

暁のヨナ 38巻

今日はとても過ごしやすい陽気です。

ふんわりそよ風が心地よく、一年中こんな陽気ならいいのに

今朝は犬の公園のほうを回りました。
こんなに濃い赤色のグラジオラスもあるのね!

白とピンクのイメージが強かったので、意外でした。
グラジオラス、調べてみましたら、春に球根を植えて、日本だったら7月~8月に咲く夏花だそうです。
1本でも、華やかなお花ですね。

ポコポコと浮かぶような、丸いお花は何だろう?
 
と、よく見てみたら、ネギ坊主よ
意外や意外、かわいいじゃな~い
うちでも観賞用に育ててみようかしら?
でもきっと、お花になる前に食べちゃうわね

なんと今頃モクレン。

ひっそりと咲いていました。

このお宅も、プラムがじゃらじゃら。
 
下にぼとぼと落ちていました。
完熟で美味しそうよ

イチジクも見え始めました。
 
これだけ大きな木ですから、実も立派に育つでしょうね。

春に白いお花が満開だった木に、アプリコットがなっていました。

実のでき始めの頃は、梅かしら?な~んて思っていました。
この木も大きくて、鈴なりです。
アプリコット、調べてみましたら、日本名で「杏」だそうです。
”あ~、これが杏なのね”と、やっと回線がつながりました
2.77マイル(約 4.46 Km)のお散歩でした。

***

先月発売された「暁のヨナ 38巻」を買いましたー

今回は、発売からそう日が遠くならずに本屋さんに行けたので、平積み残り3冊のところで手に入れられました
前巻の時には、入荷が遅いであろうという予想が大外れで、かなり待つ羽目になってしまいました。
前回も平積み残り3冊で、今回も平積み残り3冊でしたわ

家に帰るなり、何はさておき御開帳~

前巻では、ハクが濁流にのまれて行方知れずになり、ヨナ姫がハクを心配するシーンで終わっていました。
ハクは無事なのか?
一番の心配事でしたが、とりあえず読者にはハクが無事なことは解明され一安心。
ヨナ姫には、いつどのような形でつたわるのかしら。

ヨナ姫に忠誠を誓う四龍と呼ばれる4人の龍の化身も、国同士の戦に巻き込まれていきます。
迫力満点の戦いのシーンは、さながら少年漫画のようですわ

ハクとヨナ姫が再び手を取り合えるのは、いったいいつになるのでしょう?
この戦、どうやって収束するのでしょう?
ヨナ姫の父を暗殺し、現国王となっている幼馴染の病は、どうなるのでしょう?

まだまだ見どころ・読みどころが続きます。
39巻は、今秋発売予定です
待ち遠し―――い
プロフィール

mattaripon

1995年からカリフォルニア・シリコンバレー在住。
在住年数と英語力は、反比例。
夫と息子と娘の4人家族。
声楽家かもしれない主婦。

ギャラリー
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所