mattariponのぽんこつ日記

まったりと趣味にいそしむ日々をまったり綴っていきます。

 時代

蟬しぐれ

帰省前から、Jouchanは、ポケモンゴーという、散歩をしながらポケモンを集める、というゲームにはまっています。
Bocchanに
「今頃
と言われつつも、
「この辺、レアポケモンがいっぱいいる
と、いそいそと散歩に出かけています。

午前中に、Jouchanも一緒に日本食スーパーにお買い物に行きました。
もちろん、ポケモン集めの楽しみもあるようでした。

スーパーには、まだあまりおせち物がそろっていなかったのですが、これから入荷でしょうか?

その足で立ち寄らせていただいた先で、かわいい植物をいただきました。

週に1回きりふきをかけるとよさそうです。
鉢の形もかわいいわ~
大事に育てます。
ありがとうございました

***

友人からお借りした、藤沢周平著の「蟬しぐれ」を読みました。


巻末には、1991年第1刷、2001年第25刷、初出「山形新聞」夕刊 昭和61年より昭和62年、単行本 昭和63年 とありました。
昭和61年は・・・1986年です。
単行本の後の25刷ですか!
なかなかの人気ぶりですね。

初出が山形新聞ですよ
著者が山形県鶴岡ご出身の縁からでしょうか、山形新聞読者は一番にこの作品を読むことができたのですね。
なんて羨ましい

舞台は、海坂(うなさか)藩。
普請組組屋敷に住む、この物語の主人公、牧文四郎の淡い恋、剣術、跡目に絡むお家騒動に巻き込まれながら成長していく姿を描いた長編小説です。
読む手が止められず、夜更かしの連続でした。
思わずDannasanにも勧めてしまいました。
読み始めた彼も、夜更かしばかりしていましたわ

読後に調べてみましたら、この小説はとても愛されている作品のようで、作品紹介やあらすじ紹介を多く目にすることができました。

蟬しぐれ

こちらは、山形新聞のコラムです。
感じたこと、思ったことが語りつくされていて、もう何も言うことございません、って感じです。

海坂藩は、藤沢周平の作品によく出てくる架空の藩ですが、庄内藩がモデルになっていると言われているようです。

海坂藩

山形県米沢市出身の井上ひさしが書き起こした海坂藩の地図までありました。

海坂藩 地図

このサイトを見つけてふと見たら、’映画’とあるではありませんか。
映像化されていたの?と驚き、調べてみました。

2003年にNHKの時代劇シリーズでドラマ化されていました。
この時の主人公:牧文四郎は内野聖陽さん、ヒロインのお福は水野真紀さんだったようです。

時代劇シリーズ

2005年には映画化されていました。
主人公:牧文四郎は市川染五郎さん、ヒロインのお福は木村佳乃さんだったようです。
日本アカデミー賞では、優秀作品賞など賞を総なめだった模様。

映画 蟬しぐれ

なんとなんと、宝塚歌劇団、大阪松竹座、明治座などでも舞台作品となっていたようです。

友人が8冊の藤沢作品の本を貸してくださったときに
「この中に、好きな作品があるのよ。どれだかわかるかな~
とおっしゃっていましたが、この作品かしら?
かくいう私も、心に残る作品の一つになりましたもの
剣あり恋あり友情ありの、贅沢な一品でした

夜消える

朝からまぶし―い

これは秋晴れ、と言うのでしょうか?
真夏の太陽~、と言ってもわからないかもね。

今日は、犬の公園の裏山のほうに行きました。
白樺の幹がとても白く見えました。

白いペンキで塗ったかのようです。

今日で9月も終わりですものね。
ハロウィンの飾りつけが、本格化しますね。

やってる、やってる

季節外れのモクレン
 
先日の熱波で、葉がすっかり焦げてしまっています。
モクレンは3月ごろに見かけますけれど、9月って
激しく勘違い

犬の公園の裏山到着
 
不揃いな階段たちを上って展望台へ。

前も後ろも、遠くまで見通せました。

コツコツと木をたたく音が、そこかしこから聞こえました。

音の主は、お決まりのキツツキでした。
今日も休まずお仕事中。
2.9マイル(約 4.67 Km)のお散歩でした。

最近、Bocchanの好きなe-sportsの話をちょくちょく聞いています。
この間はラスベガスで大会があって、日本人が優勝したそうです。
昨日から、メキシコシティでまた別の世界大会が開かれているそうで、ネット中継の観戦に大忙しのようです
「へー!メキシコシティで世界大会かぁ。じゃあ、アメリカに世界の代表者が集まってるのね。」
と言ったら、Bocchanに
「メキシコシティはメキシコでしょ。まあ、アメリカ大陸だけど。」
と言われ、Dannasanには
「Mamaの勘違いはニューメキシコだね。」
「おお!!それそれ!」
とおバカ丸出しがついいっとき前にござんした
サンフランシスコでも大会があるそうですが、いつか見に行ってみたい様子でした。

***

以前に友人からお借りした本の中から、藤沢周平著の「夜消える」を読みました。


巻末ページには、1994年第1刷とありました。
巻末の初出掲載の情報によりますと、表題作が一番古く昭和58年でした。
昭和58年は1983年ですから、ほぼ40年前の作品と言うことですね。

表題作を含む7つの短編集です。
中で、「踊る手」は、作品の色が他とは少し変わって印象深かったです。
主人公は10歳くらいの男の子の信次です。
信次が物心つく前はよく遊んでいたおきみちゃんの一家が、夜逃げ同然に家を出ていってしまいます。
ところが、そこには、おきみのばあちゃんひとりが残されていました。

裏店の人達で、寝たきりのばあちゃんの食べ物などの世話を焼きますが、ばあちゃんは食べ物をとろうとしません。
あるとき、信次は母親に頼まれてばあちゃんに食事を届けます。
食事も食べずに寝ているだけのばあちゃんを見て、信次は涙が出てきて泣きじゃくります。
その信次を見て、ばあちゃんはやっと食事を食べてくれました。

ほとぼりが冷めたころ、おきみの父親が背中にばあちゃんをしょって”ほい ほい”とばあちゃんをゆすり上げながら去っていきました。
その背でばあちゃんが両手を差し上げ、’ほい ほい’と手を振るのが見えました。
信次は、なんだか嬉しくなって、家に帰っていきます。

大人も子供も一緒になって残されたばあちゃんの世話をしたり、
ばあちゃんを心配する信次の心情、家族の者がちゃんとばあちゃんを迎えに来たり、背中で嬉しそうに揺られていくばあちゃん、それを見る信次の瞳。
多分、あの頃は当たり前だった、ありふれた情景なのかもしれません。
特別ではない日常に流れる、人の温かさに包まれた作品でした。

闇の梯子

いや~、昨日は暑かった
夕食の準備がいっちゃんきつかったわ
換気扇をブルンブルン回してもなお、熱気がこもる台所
こういう日は、エアコンが欲しくなりまする

今日は、最高気温25度で断然過ごしやすいです。
気温に関係あるのかどうか、昨日とおとといは、ネットが落ちやすくて、
「あ!止まった
の連発でした。
Dannasanが、ケーブルモデムのそばで小さい扇風機を回していました。
今日は、問題なくつながっているようです。

今朝はDannasanのミーティングが立て続けなので、お散歩は省略。
代わりに、お庭をぶらぶらしてみました。
アーモンドがザラザラなっていました。
 
リスが好みそうなものですが、なぜかあまり食べないみたいです。
美味しくないのかしら?

ネクタリンも実がなっていました。

知らない間に大きくなっていたわ

ザクロの花も満開です。

今年は、いくつ実がなるかなぁ

***

友人からお借りした、藤沢周平著の「闇の梯子」を読みました。


1987年第1刷、1997年第13刷とありました。
10年で10刷以上ですから、根強い藤沢人気を感じます。

表題作を含めた5編の作品集です。
残念ながら、’あとがき’や’作品解説’がありませんでした。

表題作の「闇の梯子」は、貧しいなりにつつがなく生活していた新婚夫婦に、夫の昔の仕事仲間が訪ねてきたことから歯車が闇へ、闇へと回り始めてしまいます。
最後は、やりきれないエンディングでした。
結末に救いの光が見えない作品は、藤沢作品では数少ないのではないかと思えるほどでした。

ほかの4編の中では、「父(ちゃん)と呼べ」と「入墨」は、”家族”を考えさせられる作品でした。
「父(ちゃん)と呼べ」は、拾い子を我が子のように育て、その子が義父のことを「ちゃん」と呼んだ時の父の喜びには、もらい泣きでした
実母が現れ、その子が実母について家を出ていった時の育ての親たちの悲しみ、ぽっかりと開いた心の穴が切々と胸に迫ってきました。
子どもが幸せであるようにと願う親心は、時代にかかわらず、不変ですね。

「入墨」は、親(父)に売られた姉と親を知らずに育った妹が、落ちぶれた父に再会します。
姉は憎しみを持ち、妹は親愛を持ち、それぞれのやり方で父に接します。
最後に、父は、今までの償いのごとく親心をもって身を挺して姉妹を守ります。
先の作品とはまた違った、親心を描いた作品でした。

子を守り、子を思う親心。
親とのかかわり、親を思う子の心。
夫婦や思い人の、相手を思いあう心。
色々な形の心が詰まっていたように思います。
読後、フッと寂しさのような一陣の風が吹き抜けたような作品集でした。

逆軍の旗

昨晩からの雨が、降ったりやんだりの空模様です。

昨日チクチクしていた喉が、今朝は通常に戻っています。
雨のおかげで花粉が落ち着いたのかもしれません。
風邪だったらどうしようかと、ひやひやしたわ

雨の合間を縫って、犬の公園のほうへ行きました。
数軒先のお庭のバラに雨粒が光って、そこはかとない美しさ。

花びらも雨に洗われたようです。

アイリスも見ごろのようです。
 

雨の後って、お花の色が引き立つような気がします。

迫力のある木がドカンと見えました。

伸びたい放題、咲きたい放題、って感じ
自由奔放さが見事だわ。

リスがハチドリと対話中。

何を話しているのかしらね

山から雨雲が攻めてくるようです。

ちょっとむしむしするような気がします。
2.3マイル(約 3.7 Km)のお散歩でした。

***

昨年末に友人からお借りした藤沢周平著の「逆軍の旗」を読みました。


1985年第1刷、1988年第4刷とありました。
40年近くも前に書かれたものなのですね。
表題作も含めた4編の短編集です。

あとがきが著者本人によって書かれていました。
”たまに本当にあったことを書きたくなる”、”歴史的事実とされていることを材料に、あるいは下敷きにした小説”、と著者が述べられているように、歴史上あったことがふくらまされて読み物として完成された作品でした。

表題作は、’本能寺の変’の直前あたりから直後辺りまでの明智光秀に焦点が合わされた短編でした。
謎の多い人物ではあるようですが、本能寺の変あたりの彼の心の動きは、本当にそうだったのではないかと思えるような作品でした。

短編4つの中で、「上意改まる」は、ぐっとこみ上げてくるものがあり、図らずも、つつっと涙なんぞが流れてしまいました。
さながら、江戸版ロミオとジュリエットのようでもありました。
江戸版ロミオの壮絶な最期、江戸版ジュリエットの悲嘆にくれた最期。
悲恋は、勘弁しておくれ~

この1編は、映像化しても映えるんじゃないと勝手に想像しておりました。
検索してみましたが、残念ながら映画化等にはなっていないようです。
江戸版ロミオを実写だったら松坂桃李さん、アニメだったら細谷佳正さん、ってどうかしら
江戸版ジュリエットを実写だったら蒼井優さん、アニメだったら早見沙織さん
な~んて想像しながら読んだら、泣けてしようがなかったわ

玄鳥

な~んと!
朝7時過ぎからぽつぽつと雨が降り始めました。

やみそうでやまないような、ささやかな雨と言った感じです。

今日は、Dannasanは”ノー・ミーティング・デイ”だそうです。
何のいわれもないただの火曜日に、突然ね
雨だし、Bocchanも在宅勤務だし、今日は家でまったりだわね。

***

友人からお借りした藤沢周平著の「玄鳥」を読みました。


1994年第1刷とありました。
表題作を含む5編の短編集です。

どれも視点の違う、短いながらも読みごたえのある短編集でした。
中で「鷦鷯(みそさざい)」は、娘を手放せない父親の心の動きが温かく心に届く作品でした。

鷦鷯は鳥の名前のようです。
調べてみましたら、雀よりも小さい体で大きな声で鳴く鳥だそうです。
山の谷あいの渓流のある薄暗いところが好きな鳥で、2月くらいからさえずり始め、5月ごろから繁殖するそうです。

妻をなくした新左衛門が、娘に惚れていそうな青年と娘の恋に、反発しながらも青年を認めていく父親の心情が実に自然にかかれていました。
鷦鷯の泣き声を聞くと妻のことを思い出し、青年と会っている時の娘の笑い声と鷦鷯の鳴き声を重ね合わせて短編が締めくくられていました。
娘の幸せを願いつつ娘を手放しがたい父親、いつの時代も変わらないのですね
プロフィール

mattaripon

1995年からカリフォルニア・シリコンバレー在住。
在住年数と英語力は、反比例。
夫と息子と娘の4人家族。
声楽家かもしれない主婦。

ギャラリー
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所