mattariponのぽんこつ日記

まったりと趣味にいそしむ日々をまったり綴っていきます。

 エッセイ

下駄ばきでスキップ

一日、降ったりやんだりです。

今朝、ふと見たら、デッキにちっちゃな野ネズミがいました。
こちらの気配に気づいて、すぐに庭の方へ逃げていきました。
デッキに、食べるものでも落ちていたのかしらね。

***

郡ようこ著の「下駄ばきでスキップ」を読みました。


巻末には、1990年第1刷、1993年第10刷とありました。
30年以上前の本でした。

22編からなるエッセイ集です。
と言っても、今まで読んだような作者の身の回りに起こった小さくもクスリと笑えるようなエッセイとはまるで別物。
作者が身を挺して突撃取材し、そこで見聞きした様々なことが次々に繰り広げられていました。

暴力団事務所への突撃取材などは、大丈夫かいな、とこちらが心配にもなりました。
彼女の視点で語られる組事務所は、過激な男子寮のような雰囲気さえ感じられました。

競輪場の話では、ふと高校時代を思い出しました。
というのも、私の高校は競輪場から下ってきた道上にあったので、競輪帰りの人々によく行き会ったものです。
女子高だったこともあり、競輪の開催日には校内放送がかかったような記憶があります。
まあ、いうなれば”気を付けて帰りなさい”的な、ね。
今は、母校がなくなってしまったし、そういうイメージも払しょくされているのかもしれませんね。

この本、作者が歯に衣着せず、怒る、怒る。
よくぞ言ってくれた、と思うほどに怒っています。
こんなに怒って大丈夫なの、と思うほどに潔く怒っています。

でも、その怒り方は嫌な気にさせない、上手な怒り方とでも申しましょうか。
今だったら’炎上’とかあるのかもしれませんが、それでも炎上にならずになぜか納得してしまうのではないかしら。
代わりに怒ってくれてありがとう、みたいなね。
小気味よい怒りに、ちょっとすっきりの作品でした。

夢について

眩しい!
外の気温も徐々に上がってきています。

今朝は、COSTCO, Trader Joe's, 99 Ranch(中国マーケット)の3軒を回って買い出しに行きました。
COSTCOでは、先週は見つけられなかった赤いブドウが今週は入荷していました。
お昼に早速いただきましたが、ちょっとすっぱかった

中国スーパーでは、お会計で80ドルを超えたので8ドル券がもらえました。
すぐさまデリに引き返し、70セント上乗せして食パン2袋と引き換えました。
日本の食パンに近くて、結構気に入っています。
毎回おまけでもらっちゃっていいの?って感じですが、これもスーパーの戦略なのかしらね。

中国マーケットは近くのモールの中に入っているのですが、中国マーケットの近くに新しいお店がオープンするお知らせあり。

うわーーい!
チーズケーキの’てつおじさん’がやってくるんですって
知らなかった
今年の8月ごろオープンだそうです。
オープンに先立って、スタッフ募集中のお知らせ。

開店が楽しみだわ~

***

吉本ばなな著の「夢について」を読みました。


巻末には、平成9年初版発行 とありました。
平成9年は、、、、1997年です。
26年ほど前ですか。

見た夢のことから始まり、友人のこと、命のことなど、筆者の感じたこと、思ったことがそのまま流れ出るように書かれてありました。
筆者は、人が好きなんですねぇ。
命にがっぷりよつで向き合っているような、そんな印象を受けました。

SNSも存分に使いこなされているようです。
その中で、彼女のブログもありました。

よしばないいもん

更新頻度は多くないようです。

Twitterもされているようで、そちらの方はちょこちょこつぶやいているようです。
残念ながら、私は
Twitterのアカウントを持っていないということもあり、Twitterのお作法がよく分かりません

書くことが本当にお好きなのですね。

吉本ばなな note

こちらは、彼女の最前線だそうです。
使い方や見方がイマイチわからないのですが、彼女の”今”に触れることのできるSNSのようです。
こういうのを使いこなせるなんて、それこそ最前線、だわね

夢と言えば、道に迷い、時間に間に合わないと焦っている夢をよく見ます。
現実では行ったことのない町に、夢の中で何度も訪れています。
そのたびに道に迷い、パラレルワールドがあるのではないかとしか思えないのよねぇ。

DannasanとBocchanは、試験なのに勉強していなくて焦る夢を見ると言っていました。
Bocchanは、つい2,3日前にも、全然習ったことのないことが試験に出てきて焦っている夢を見たそうです。
Dannasanが
「わかる、わかる!」
と強く同意していました。

Mは勉強の夢は見ないけれど、舞台に立ってスポットライトがガンガンにあたっているのに何を歌ったらいいのかわからない、とりあえず今覚えている曲を歌おう、と焦っている夢を見ます。

最近見た夢は、ちょっと奇妙でした。
Dannasanと友人(誰かはわからない)とMの3人で外で立ち話をしていたら、Dannasanの袖口から白いヘビがニョロっと出てきました。
「悪さはしないから、大丈夫だよ」
とDannasanが蛇の頭を優しくなでながら言いました。
どうも、彼の大事なペットのようなのです。
私の腕のほうに伝わせて、一瞬ヘビが首の周りをつるっと滑り、Dannasanの腕のほうに戻り、
「入ってなさい」
と彼が蛇に語り掛けたら、ヘビはまた大人しく彼の袖の中に潜っていきました。
友人は、一言も言葉を発せず。
夢にヘビ(それも白ヘビ)が出てきたのは初めてでした。
何か意味ありげにも思えて、忘れられない夢でした。

自分の寝言にびっくりして目が覚めたり、”今、寝言を言っているなぁ”と思いながら寝言を言ったり、突然歌ってDannasanを驚かせたり、寝言でやらかしたことは数知れず
無意識なのが厄介よねぇ。
ゲラゲラ笑っている夢だけを見られたらいいのにね

ぐうたら人間学 狐狸庵閑話Ⅲ

起き抜けは暖房をつけましたが、午後には、モワンとする空気になっています。

昨日の夕方、デッキでごそごそ音がすると思ったら、黒いリスが鳥の餌箱から落ちた実を探して植木鉢の中をのぞいていました。
ガラス越しに座って見ていましたが、こちらを気にする様子はありませんでした。
 
両手で餌をつかんでポリポリと、おいしそうにかじっていました。
紫蘇の鉢に手をかけたので、さすがにそれはだめよ~、と立ち上がったらササッと後じさりしていきました。
この子は、ジリスとは違って、木の上で生活するリスだと思います。

昨日、
姐さんのレモンをまとめて絞ってアイスキューブにしたので、なんとなくその流れでミニ・レモンチーズケーキを作りました。

前回、Dannasanからリクエストをもらっていたので、機会があったら作りたいと思っていました。

今回は、オレンジクッキーで使ったサワークリームが残っていたので、それも入れてみました。
多分、1/2 cupくらいあったと思います。

前回より、お味は濃厚でしっとり感が増し、心なしか艶もあるような気がしました。
サワークリーム追加、いいかもよ~!
これは、アリ だわ

今日は、午前中に4軒の買い物に回り、昼間の山手線並みの乗車率だった冷蔵庫が、ラッシュアワーの東海道線になりました。

***

遠藤周作著の遠藤周作文庫より「ぐうたら人間学 狐狸庵閑話Ⅲ」を読みました。


巻末には、1974年第1刷発行 とありました。
本書は、以前に読んだ ぐうたら人間学 と、ぐうたら生活入門 の合本版と言ったところでしょうか。
本編最後に掲載誌が書かれてあり、「ぐうたら人間学」は(「狐狸庵閑話」改題)夕刊フジに1972年掲載、「ぐうたら生活入門」は(「人間万事虚誕計」改題)「宝石」に1965年~1966年掲載 とありました。
本書の後半に収められていた「ぐうたら生活入門」のほうが、先に書かれていたのですね。

前半に収められていた「ぐうたら人間学」のほうは、以前読んだものそのままで、このエピソード知ってるわ、と思いながら’復習’をした感じでした。

「ぐうたら生活入門」は、前半より、若干固めかな?という気がしなくもありませんでした。
作者のエッセイへの気負いが残っているような、なんとなく初々しいような、そんな感じでした。
前半より辛口がズバッと切り込まれてくる感じで、これはこれで痛快というか、時に”身に覚えが…”と言いたくなるようでした
でも、そこは狐狸庵先生ですから、ちゃあんとクスリとさせられて、重荷を軽くしてくれていました。

作家の考えていること、感じたことが率直に描かれているエッセイは、新しい視点を見せてもらえるようで好きです。
狐狸庵先生のエッセイは、期待を裏切らない面白さで、何度読んでもやっぱり魅力的でした。

時をかけるゆとり

いかにも雨が降りそうな雲です。

ここの所二日連続で天気との相性が良くなかったので、今日のお散歩はさっさと諦めました。

今週の予報

おお!連続の雨マーク。
木曜日、金曜日などは、40ミリ、30ミリとかなり降りそうね。

庭のローズマリーの花に、胸が黄色っぽい鳥が止まっていました。

調べてみましたが、たぶん、Lesser Goldfinchだと思います。
以前にも来ていたことがありましたっけね。
おそらく、つがいだと思います。

午前中は、時折小雨がぱらついていました。
お昼時の通り雨が、土砂降り。

ビックリするほどの雨音でした。
お日様が顔を出したと思ったら、お天気雨になったり、今日は安定しない空模様です。

***

朝井リョウ著の「時をかけるゆとり」を読みました。


愛用中のhontoで購入した電子版です。
メールに割引のお知らせがあったので、ほぼ衝動買いで購入してしまいました

巻末には、2015年発行、とありました。

hontoの中の
ブックツリーで紹介されていた本で、いつか読んでみたいと思っていました。
朝井リョウの作品は読んだことがなかったので、どんな文章を書かれる方なのかも興味ありでした。

最初に年表、学生編が20編、社会人編が3編 のエッセイが入っています。
年表は、国内外の情勢に朝井さんのその頃が重ねて表になっているのですが、ここからすでに面白エッセイの入り口でした。

年表で期待感急上昇の中、ワクワクしながらページをクリック。
結果、笑いをこらえるのが大変
エッセイですからご本人の体験談が次々に繰り出されるのですが、なんとゆかいな経験豊富な方なのでしょう。

自虐ネタがちょいちょい挟まれるのですが、それが絶妙なタイミングで登場するものですから、吹き出してばかりでした。
ゆかいな経験を、まじめも真面目、大真面目に経験していらっしゃるのよ。
美容院での出来事は抱腹絶倒。
本の最終話も美容院で締めくくられ、やっぱり笑いながら本編終わり。

まだページ・クリックできるわ。
最後にご自身の紹介ページがありました。
ここにまで自虐ネタをぶち込んでいらっしゃる!

エネルギーや気分が低い時に、一瞬で笑いがこみあげ、目の前の色が明るくなるような一冊です。
何事も当たってできれば砕けず、適度に力を抜きつつぶつかっていったらきっといいことがある、って思えるようなエッセイでした。
中高生が読んだら、未知の人生の希望や勇気がいっぱいもらえるんじゃないかな

にっぽん博物誌

今朝は雲がかかっていました。

でもやっぱり、9時過ぎにはピーカンになりました。

今日は、近くの小学校周辺に行きました。
ちょうど登校時間が終わり、学校に子どもを送ってきた親たちが帰ってくる時間でした。
小学生の親ごさん、皆さんお若く見えますわ。

柿が色づいてきたようです。

グラデーションがきれい。

まだ残像ほどの雲がかかっています。

じきに晴れますね。

大きな羽

こんな立派な羽を落としていくとは、どんなに大きな鳥だったのでしょう。

アヴォカドの木が、こんなに大きくなっていました。
 
いくつか実もなっていました。
地植えにすると元気百倍なのね~。
2.53マイル(約 4.07 Km)のお散歩でした。

Jouchanあての小荷物が届き、彼女の帰宅まで放置しておりました。
彼女の帰宅早々、
「ママ、これあけてみて」
と言われたので、素直に開けてみましたら、なんとビックリ!!

初任給記念ですって
「お友達と一緒に選んだんだよ。」
って、く~~、泣けるわ
いつの間に、お友達と相談をしていたのでしょうねぇ。
大事に、大事にいたしまする~

***

井上ひさし著の「にっぽん博物誌」を読みました。


巻末に昭和61年第1刷発行、とありました。
昭和61年は…1986年ですって。
67編のエッセイが収められています。
最終編の最後に(昭和)57年と書かれていましたから、1982年が最後の稿だったようです。

時事ネタがとても多かったので、何年にエッセイが書かれていたのかを把握しておいた方がしっくりくるような気がしました。
ホテルニュージャパンの火災事件や、鈴木首相、田中角栄などの名前も頻繁に登場し、
時代を感じました。
その時々の時事ネタからチクリチクリと揶揄したりモノ申したりする編もあり、笑いにくるみながら彼の主張が展開されてもいました。
政治家のやらかしちゃった事件は、何年たってもあまり内容が変わらないのだなぁ、などと思ったり

「雨ニモマケズ」をもじってそのころの政治ネタを盛り込んだパロディは、うまいこと言葉を組み合わせていて感心しました。
ドリフターズの童謡”七つの子”の替え歌からす なぜなくの からすのかってでしょに端を発して、いろいろな童謡を使って、同じように替え歌を試みる、な~んていうのは笑えました。
ドリフターズのあの替え歌、”うわ~、なつかしい”と幼少期にタイムスリップしそうになりました。

言葉を自由自在に操って、思わぬところから言葉を組み合わせる、その才能は天下一品ですね。

著者を検索してみましたら、”井上ひさし公式サイト”を見つけました。

井上ひさし 公式サイト

波乱万丈な生い立ちを知り、輝かしい受賞歴を垣間見ることができました。

「むずかしいことを やさしく、やさしいことを ふかく、ふかいことを おもしろく」を創作のモットーとしていたそうです。
何年か前に何かの本を読んだときに、彼のこの言葉に出会い、音楽に通じるものを感じました。
それ以来、曲に取り組むとき、指導にあたらせていただくときなど、この言葉を思い出すようにしています。
とはいっても、なかなか思い通りにいきませんが、長~い目で見てやってくださいな
プロフィール

mattaripon

1995年からカリフォルニア・シリコンバレー在住。
在住年数と英語力は、反比例。
夫と息子と嫁と娘の5人家族。
声楽家かもしれない主婦。

ギャラリー
  • オレンジ
  • やっとかめ探偵団危うし
  • 目医者のチェックアップ
  • 桜
  • 桜
  • 桜
  • 桜
  • 桜
  • 桜
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ