mattariponのぽんこつ日記

まったりと趣味にいそしむ日々をまったり綴っていきます。

 ミステリー

Wの悲劇

お日様はぽかぽかですが、風が少し肌寒いです。
今週は、気温に変化は少なそうです。


午前中は、Dannasanが忙しそうだったのでお散歩は無しになりました。

昨日は一日だらだらと過ごし、Shinglesの反応はほとんど過ぎ去りました。
今は、ふくらはぎがちょっと重いのと腕がチリチリかゆい程度です。

***

夏樹静子著の「Wの悲劇」を読みました。


巻末には、昭和59年6月初版発行、同年9月4版発行 とありました。
昭和59年は・・・1984年です
あの頃に、お小遣いで買った本です。

山中湖畔の冬の別荘で、殺人事件が起こります。
「おじいさまを殺してしまった。」
と混乱する大学生の摩子を守るために、集まった親類縁者一同が、皆で外部犯と見せかける隠ぺい工作をします。
摩子を東京へ帰し、何者かにおじいさまが殺された、と通報し、警察がやってきます。
警察が徐々に真相を暴き出し、外部犯と見せかけた内部の犯行と見抜き、摩子を連行するも、まだ黒幕がいるとにらんで真相が明らかになっていきます。
黒幕が出てくるあたりから、読んでいるこちらも’摩子が最初の殺人犯だ’と騙されていたことに気づきました。

ちょっとしたロマンスも含まれていましたが、そこはホントにちょっと、ほんのり色付け程度でした。
そのあたりも、じっくり読んでみたかったですが

自分がJKだった頃(そのころはJKなんて言わなかったわね)、薬師丸ひろ子ちゃんの映画でみました。
映画を見て原作のこの本も、お小遣いで買っちゃったのよね~。
表紙のひろ子ちゃんもかわいいし
薬師丸ひろ子ちゃんと三田佳子さんのW主演だったわ。

もやっと覚えていた映画の内容と原作がちょっと違うように感じたのですが、作品を勘違いしていたかしら?
確か、映画では劇中劇があり、女優同志の話だったと思うのよ。
なんか、もやもやだわ~。

で、検索
映画では、原作は舞台で上演される作品として据えられていました。
原作そのものを映画にしたのではなく、劇中劇が原作だった、というわけね。
は~、もやもや解決!
女優同志のお話、というのもまんざら外れてもいなかったみたいよ

検索中に映画のスタッフを見ていたら、音楽:久石譲とありました。
知らなかったぁー
音楽に気を付けて見ていなかったわ。

これは、もう一度見直すべき映画作品かもしれないですね

花実のない森

昨晩は、家がギシギシときしむ音がするほどの風雨でした。
お昼ぐらいまで雨足が強かったですが、午後には上がっています。

今週の予報

まだまだ雨は続くようです。

ちなみにサンフランシスコ

サンノゼと、ほとんど変わりないようですね。

***

松本清張著の「花実(かじつ)のない森」を読みました。


巻末には、1975年第1刷、婦人画報1962年から63年連載 原題「黄色い杜」 とありました。
連載から文庫の間が10年以上あったようです。

主人公:梅木隆介が一人でドライブ中に、道で困っていた夫婦と思われる男女を乗せたことから謎が始まります。
女性の美しさに心奪われた梅木は、
何とかしてもう一度彼女に会いたいと、車に残された男の忘れ物から彼女へとたどり着きます。
しかし、それはほんのつかの間のことで、彼女はすぐに姿を消してしまいます。
その後、男が殺されたニュースから彼女の足跡をたどり、彼女の謎に迫っていきます。
結末に広げられた真相には、えーーっと声が出てしまった驚きが隠されていました。

話のなかでの彼と彼女との接点は、彼女との出会いの点、彼女を訪ねた点、彼女を連れだした点、この3点でした。
彼女と彼との点はすれ違い続け、最後には謎は解けましたが点が重ならずに終わってしまいました。
それでも、物語の中にはずっと彼女があり続け、脳内に彼女が刷り込まれているような感じでした。

この作品を調べてみましたら、1965年に映画化され、2017年にはドラマ化されているようです。
ドラマのほうは、主人公:梅木を東山紀之さん、謎の美女を中山美穂さんが演じたようです。

花実のない森 ドラマ

設定は今風に変えたようですが、きっと、しっとりと落ち着いた色気のお二人に、雨がよく似合いそうな、大人の香りが漂う作品だったのではないかしら、と妄想が止まらないわ

「首の女」殺人事件

今朝も霜が降りていました。
お布団から出るのが、一苦労

飛行機雲も高く見えた秋の空です。

今晩から雨が降るそうです。
ほんとかな?

今日は、芋虫の公園のほうを回りました。
柿が鈴なり。
 
収穫を、じーっと待っている感じです。

可愛い工作

ラッコのようですねぇ。
こどもの創意工夫には、驚きます。

キラキラした飾りが目を引きました。

木の陰のエンジェル、高さも工夫してあるみたいです。
夜に見たら、天使が飛んでいるように見えるのかもねぇ。

豆系?

いつも上手に育てているお宅で、今度はジャックと豆の木のような植物が育っていました。
何がなるか、楽しみね~。

公園横の木

葉がほぼ落ちて、赤い小さな実がたくさんついていました。
それにしてもこの角度、折れそうで心配

帰りがけに薬局に寄って帰った2.81マイル(約 4.52 Km)のお散歩でした。

***

内田康夫著の「「首の女(くびのひと)」殺人事件」を読みました。


巻末に、平成5年初版発行、平成9年16版発行 とありました。
平成5年は・・・1993年ですって。
1986年に刊行されたものを文庫化したもの、とも書かれていました。
作品としては、36年前となりますかしらね。

本作は、浅見光彦シリーズの一つです。
浅見光彦シリーズ で検索してみましたら、角川文庫で97冊はあるようですから、他社も含めたらいくつになるのでしょう。
Wikipediaで見てみましたら、140は越えているようです。

高村光太郎と智恵子を軸に据え、光太郎の根付をめぐる殺人事件を、浅見光彦が女友達の窮地を救って颯爽と解決していきます。
高村光太郎の彫刻と彼の詩が背景にどっしりと置かれ、安達太良山の旅情もあり、芸術も感じさせるなかなか贅沢なミステリーでした。

事件の発端となった高村光太郎の木彫り作品の「蟬」。
見てみたい!!という衝動にかられ、検索してみました。

高村光太郎展

既に終了している展覧会ですが、このサイトで見ることができました。
木でありながら、蝉の翅の繊細さにこだわった作品、うなりますね~。

このミステリーの中で何度も登場するこの「蟬」。
まさに、百聞は一見に如かず でした。
頭で想像していたのと、全く風格が違いました。
できうるならば、本物を生で見たいわぁ

マイ・ベスト・ミステリー Ⅲ

今朝は曇っていました。

朝に曇っていると1日が過ごしやすいので、このままの天気を継続してくれるとよいのですが・・・

Bocchanの食欲が戻り、昨晩にはカロリー高めをご所望でした。
このまま、モリモリと食べ続けてくれるといいなぁ

今日は、子どもらの小学校のほうを回りました。
可愛い郵便ポスト

バスではないようです。
ミニバン?
坂道を上っている感じね。

ブーゲンビリアのアーチ

折れないように、向かいの木に紐でつってありました。
グッジョブです
南国気分が味わえますわ。

ハミングバード

木の上で、珍しくじーっとしていました。
ちょっと丸いような気がしますが、羽毛を膨らませているのかしら?
少し近づいたらハッと気づいて、花のほうに飛んでいきました。

9時ごろ家に戻ってきたときには、すっかり晴れていました。

家中の窓を急いで閉めました。
2.82マイル(約 4.54 Km)のお散歩でした。

***

しばらく前に、姐さんのご友人の日本ご帰国前のムービングセールのお知らせをいただき、沢山の日本の本が出品されていました。
本は、ネットで選べるシステムになっていました。
‟紙の本は増やさないように”とDannasanからのお達しが出ているにもかかわらず、興味深い本がたくさんあり、購入欲求がむずむずと動いてしまいました。
自分で10ドルまでと硬く心に誓って、迷いに迷って
6冊ほど購入しました。

その中の1冊で、日本推理作家協会編の「マイ・ベスト・ミステリー Ⅲ」を読みました。


巻末によりますと、2007年第1刷とありました。
検索してみましたら、文春文庫のこのシリーズは全部で6巻まであるようで、1巻ごとに全部違う作家さんの作品が収録されているようです。

Ⅲは、7人の作家さんが自作の短編とご自身が好きな作家さんの短編を選び、さらに創作時にまつわる書き下ろしエッセイも付されています。
7人の作家さんの自作の短編に、さらに推薦された7人の作家さんの短編も収まっているのですから、14人分の色とりどりの短編を読むことができました。

一口に短編、と言っても、いろいろな作風があるのですね~。
中で、強烈な印象に残ってしまったのが、高村薫さんが選ばれた武田泰淳著の「ひかりごけ」でした。
難破して孤島に漂着した乗組員たちが、食べるものに困って仲間を殺し人肉を食べ、のちに裁判にかけられた様子が、演劇の台本風に描かれていました。
殺人と言う犯罪、人肉を食らうという道徳、倫理観が問われているように感じました。
短編でありながら、重い内容でした。

山田正紀著の「雪のなかのふたり」は、窓際族のサラリーマンと浮浪者とが言葉の応酬で騙しあう作品でした。
現代風の作品で、
決着のつかない軽やかな1編でした。

7人の作家さんの創作にまつわるエッセイが、幕間の一息タイムような効果を醸し出していて、作家さんを身近に感じられ、興味深く読めました。

軽い物から重い物までエッセイ付きでさまざまに読める、飽きさせない1冊でした。

龍は眠る

今朝も霜が降りていて、冬景色でした。
9時過ぎには、すっかり春の光に包まれていました。

庭の軒先につるしたぼろぼろの餌箱に、青い鳥がやってきました。

家では’ブルージェイ’と呼んでいましたが、調べてみたらCalifornia Scrub Jayというそうです。
日本語では、アメリカカケスだそうです。
見た目は颯爽としてとってもかっこいいのですが、鳴き声が”ギャーギャー”と聞こえます。
餌箱に餌がないと近くの軒に止まって”ギャーギャー”と、餌のおねだりをするのが笑えます。
それにしても、餌箱があまりにみすぼらしいわ
そろそろ取り換えなくちゃねぇ。

今週は、最高気温20度前後の、安定した気候のようです。

最低気温と最高気温の差は15℃くらいありそうですが、お洗濯物は乾きそうです。

今日からBocchanは、月曜出勤も始まりました。
混雑を避けて、6時20分ごろには家を出ていきました。
会社近くのジムに寄って、運動をしてから出勤するつもりのようです。
なんにせよ、無事に過ごしてくれるとよいです。

Dannasanは、もうしばらく家からオンラインミーティングです。
今日は朝9時から2時ぐらいまでミーティングが続くそうなので、お散歩は夕方かしらね。

昨年の3月に友人からいただいたランが開花しました。

花の茎が2本出ているので、これから楽しみ!
先に咲き始めたほうも順に咲き始めて、嬉し~い

全部咲いてくれるかなぁ

***

宮部みゆき著の「龍は眠る」を読みました。


平成7年2月1日発行、平成7年6月4刷とありました。
平成7年は1995年だそうですから(いちいち調べないと分からない)、今から27年前の作品ですか。
4か月で4刷ですから、相当な人気作品だったようです。
作品としては1991年に刊行され、1992年に日本推理作家協会賞を受賞された作品だそうです。

検索をしておりましたら、宮部みゆきさんご本人がこの作品に関して語っていらっしゃる新潮社のサイトがありました。

宮部みゆき 龍は眠る

2分25秒ほどですが、この作品に関してや今後の作品に向けての構想なども聞けて、なかなか興味深い語りでした。

1994年には、1回の放送でドラマにもなっているそうです。
主人公であり語り手である雑誌記者に石黒賢さん、超能力のある青年に東幹久さん、雑誌記者と深くかかわり超能力を雑誌記者に認識させるきっかけとなった少年に岡田秀樹さんという配役だったようです。

超能力を扱った作品ですが、その力を持つ者の苦悩や、その力を知る者の葛藤など、力そのものだけに焦点が絞られてはいませんでした。

超能力を間近で体験したらどう感じますか?
信じますか?
奇異な目で見るにとどまりますか?
受け入れることができますか?
そういったことが直球で投げかけられてくるように感じました。
強い超能力があるがために、他者とのかかわり方に積極的にはなれない青年の、身を削るような苦悩には、どしんと心に負荷がかかるような気がしました。

行方不明の子どもがマンホールに落ちたかもしれない、という事件をきっかけに超能力者と接するようになる雑誌記者。
彼らのことを信じるのか?

長編でありながらその長さを感じさせない力強い筆致と物語の展開にグイグイ引き込まれ、怒涛のように読んでしまいました。
油絵の具で描かれたような、隙のない、どっぷりと物語に浸れる作品でした
プロフィール

mattaripon

1995年からカリフォルニア・シリコンバレー在住。
在住年数と英語力は、反比例。
夫と息子と娘の4人家族。
声楽家かもしれない主婦。

ギャラリー
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所