mattariponのぽんこつ日記

まったりと趣味にいそしむ日々をまったり綴っていきます。

 南カリフォルニア

帰路

朝7時から温泉に入ってもよい決まりになっていたので、良い子にルールを守ってお風呂に入りました。
それから、あれこれちょこちょこと残っていたものと、昨日スーパーで買ったヨーグルトとリンゴを食べました。

11時のチェックアウトまで時間があったので、車で10分弱のAvila Beachまで行ってみました。


桟橋の先のほうは、立ち入り禁止になっていました。
街は、まだほとんどのお店が開いてませんでしたが、いくつかカフェが開いていました。
のんびりとした、穏やかな街に感じました。

こじゃれた一角がありました。
 
小道の中のほうにオフィスがあったり、ギャラリーがあったり、テイスティングのお店があったり、ちょっとヨーロッパを思わせる雰囲気でした。

お部屋に戻って最後のお風呂に入り、汗をかきかき撤収作業
10時55分にチェックアウト完了
ぎりぎりセーフ

101号線で30分ほど北上し、Paso Roblesでお昼にしました。
ここは、ワイナリーでも知られている町です。

市役所と図書館がある建物

正式名称は、El Paso De Roblesというようです。

今度こそ、店内でお食事したいわ!
下調べしておいた、イタリアンのお店に入りました。

スタッフもどことなく上品で、おしゃれな店内でした。
BGMには、クラシックが流れていました。

席に着くと、
「ワインはいかがですか?」
とすぐに聞かれましたが、お水で我慢。

メニューから注文をしたら、サーバーの方に
「本日のスペシャルメニューは、いかがですか?」
と勧められたので、一通り聞いてからスペシャルメニューを選びました。

まずは、パンとサラダ。

パンに添えられていたのは、オリーヴを細かく刻んだものでした。
塩味があり、
「あー、これはワインのおつまみだわね
と、最初にワインを勧められた意味を妙に納得しました。
サラダは、シーザーサラダを選びました。
ロメーンレタスが大胆に縦切りになって、チーズとトマトが乗っていました。
ナイフで葉っぱを切りながら食べるサラダって、初めてのような気がします
葉っぱがキンキンに冷えていて、美味しゅうございました。

きましたよ~、リゾットとシーフードパスタ。

リゾットは、キノコ類が入っていて、クリーミーでお味も濃すぎずちょうどよかったです。
パスタは、本日のスペシャルメニューです。
ガーリックたっぷりにトマトソースがベースかな。
パスタはリング状になっていました。
少しお味が濃い目でしたが、ソースをパンに浸して食べたらよい塩梅になりました。
これも、ワインと一緒にいただくのがベストかも。
ちょっとお恥ずかしいですが、二人で時々お皿を交換しながら両方のお味を楽しみました

一路家へ。
途中、大きな油田がありました。

何基も稼働していました。

3時20分ごろ、無事に帰宅しました。
お留守番係のBocchanがドアを開けた途端に
「コロナにかかったかも
って
ジムに行く時にいつも車で迎えに来てくれるお友達から
「コロナにかかった。」
と、昨日連絡があったそうです。
友人は、熱が高くて喉が痛くて咳が出ているのですって
まさしく濃厚接触者ではないですか
昨晩は、Bocchanも何やら寒気がして、のどが痛かったそうです。

到着早々、両親二人はBocchanに近づかず、家の中で全員マスク着用。
熱を測らせたら、熱はなし。
咳もなく、のどが痛いだけの様子。

彼の部屋の暖房の吹き出し口を閉めて家中に空気が回らないようにし、彼の部屋には温風器を入れました。
彼の部屋に小机、椅子、ラップトップ、水、のど飴などを運び込み、ドアを閉じて隔離。
食事も部屋の前に運び、食べ終わったら食器をドアの前に出しておいてもらうことにしました。
アニメでよく見る風景がリンクしそうだわ

自分で調べるコロナの検査キットが今はどこも売り切れのようで、困った
せめて、コロナか否かが分かると気持ちも楽になるのですが
しばらくは戦々恐々の日々となりそうです

Crest Trailと農場

今朝は、まずは朝の温泉に入ってボーッとしました。
手足がのびのび伸ばせるお風呂、たまりませんなぁ

朝食には、昨日日本食材店で買ってきた調理パンをお部屋で食べました。
ただのウインナーロールでしたが、パンがおいしいわね。

お部屋の裏あたりから始まるCrest Trailに行ってみました。

登って、登って、頂上でパーッと視界が開けて海が見えました。

今日は空が真っ青で、海の色もきれいな青色でした。
絶景かなとしばし眺めを楽しんで、ふと見たら先の見えない下り坂でした。
「崖じゃないの道はあるの?」
と若干1名パニック
恐る恐る進んだら、道はありましたが、急激な下り坂でした。

もうね、ホント、めっちゃ怖い
1歩どころではなく、靴1足分くらいずつしか進めないの
転がっていく小石のほうが早い
つま先に全体重がかかるような、
「靴の先が破れるんじゃないの
などとブツブツ、ひゃーひゃー言いながらどうにかこうにか下までたどり着きました。
何度挫折しそうになったことか

ここからは海岸線を歩きました。
 

全然寒くなくて、風も春を思わせるような穏やかさでした。

途中から道路を歩いていたら、果物やお野菜が売っていそうなところがありました。

車で通ったときには気付かなかったのですが、何やら面白そうなので立ち寄ってみることにしました。
いきなり鶏の鳴き声が聞こえ、どうも動物がいる様子。

いました、いました
ロバやポニーや牛など、何種類もの家畜が柵に入っていました。


いくつか変わった種類のニワトリもいました。
新鮮そうな卵もありましたよぉ。

エミュ―が柵の遠くにいたので、
「Elmo~、hi Elmo~」
とお名前を呼んでみたら、近づいてきてくれました

近くにいた子供も目を輝かせて寄ってきました。
お店の入り口で3ドルで売っていた「ヤギの餌」は、レタスの種類でした。
子どもたちは大きなレタスを手に、家畜たちに餌をあげて楽しんでいました。

一旦お部屋に帰り、お昼を検索しました。
Pismo Beachのほうにあるピザやさんがおいしそうだったので、行ってみました。
 
お店の中で食べられるのかと思ったら、室内席は片付けられていて屋外席のみになっていました。
仕方がないので、手前の赤い机付き椅子で食べることにしました。
おそらく、ピックアップがメインになっているのでしょうね。

ピザから1品とパスタから1品を選びました。
おじさんがピザの生地をクルクル回して、1から作ってくれるようです。

パスタから選んだ方は、開けてビックリ、これパスタ?
Everything Calzoneという名前で$12でした。
回りの生地がサクサクで、中はがっつり何でもかんでも入っている感じでボリュームたっぷり
なかなかにおいしい1品でした。
ピザのほうは、Ken's Favoriteのsmallサイズで $20でした。
生地は裏もサクサク、周りもサクサク、中身はしっとり、絶妙な焼き具合でした。
中身はピザに載せられる具がなんでも乗っている感じの欲張りピザで、美味しかったです。

食後に近くのスーパーで少し買い物をしてから、Pismo Beachに行きました。


Visitor Centerが変わった建物(?)で、なんだかおしゃれだわ
海辺の遊歩道を少し歩きました。

ホテルに戻って、ホテルの探検に行きました。


昔来た時にはなかった橋が架かっていました。

橋の下には川が流れていて、越えるとまた別の宿泊施設がありました。
そばには、ホテルの自家栽培の香草などを育てている畑がありました。
昨日のビーツももしかしたら、こちらの栽培だったのかしらね。

川に沿って、Bob Jones Trailがありました。

ずっと舗装されていて、Avila Beachまで行ける自転車道でした。
もちろん、お散歩もできます。
これは新発見でしたわ
だから、ホテルで貸自転車があったのね。

4時ごろお部屋に戻りました。

一部屋ごとになっています。

今日は一日で7マイルくらい歩きました。
疲れた足を温泉でほぐして、ポッカポカになったら外出する気も失せてしまったので、お昼の残りのピザなどで夕飯と相成りました

大学とシカモア温泉

昨晩は、お部屋の暖房がかかるとびっくりするような音がするので、夜中は暖房を止めて寝ました。
ちょっと寒かった

軽めの朝食付き、と書いてあったので、とりあえずロビーに行ってみました。
せいぜいドーナツとか小さなカップケーキかな、と予想していましたが、食べ物はミカンのカップとグラノラバーしか置いてありませんでした。
係のお兄さんがコーヒーと熱いお湯を入れてくれて、紅茶は指定した種類のティーバックをくれました。
ミカンの缶詰風の小さなカップとオレンジジュースをもらって、グラノラバーを一つもらいました。
昨日の夕飯の残りがあったので、それでちょうど朝食になりました。

8時ごろチェックアウトをして、近くのビーチに行ってみました。
怪しい方たちがたくさんいらしたので、早々に引き上げました。
その足で、Santa Monicaのビーチに向かいました。

スクランブル交差点って、珍しいわ。
時間が早かったせいか、人出はそんなに多くなかったです。
警察の車がやってきて、ピアに停まりました。

サーフボードを乗せているのが、ここならでは、かしらね。
青空と潮風が気持ちよかったです。

Santa Monicaのモールも見物してみました。

まだどのお店も開いていませんでしたが、半屋外のような形で、居心地の良い空間でした。

Jouchanの大学の近くのSawtelleという通りにあるジャパンタウンに行ってみました。

日本食材店があり、10ドル以上お買い物をすると1時間駐車料金が無料、ということだったのでちょっぴりお買い物をして、
Sawtelleの通りを歩いてみました。
日本食レストランがたーくさん並んでいて、どこもおいしそうな店構えでした。

11時の約束で、Jouchanを寮に迎えに行きました。
昨晩Dannasanと調べておいた、先程の
Sawtelleにあるとんかつ屋さんに行くことにしました。
行ってびっくり
写真で見ていたお店がないの。
その代わり、いろんなお店の予約を一手に引き受けているお店になっていて、そこでそれぞれのお店の注文を入れるとそこまで配達してくれる、というシステムでした。
 
注文から20分ぐらいでお品が届くということだったので、そこでしばらく待って受け取って、Jouchanの大学に戻ってお昼にしました。

Jouchanはカツカレー、Dannasanはポークカツ、Mamaはメンチカツ、です。
少しずつみんなのお品を分けてもらいました。
ポークカツは、分厚いの!そしてジューシー。
カツカレーのカレーは、Mには辛かったぁ。
メンチカツは、ふんわりしていながらずっしりとしていました。
どれも、とってもおいしかったです

それから、Jouchanに、彼女が授業でよく行くマスとエンジニアのビルを案内してもらいました。



寮からの道は、坂あり階段あり、授業に行くだけで相当な運動になりそうでした。

日本のお菓子の自販機もありました。

機械の名前は、友達の”だち”という意味のようです。

憩いの場のような、オブジェの庭もありました。

大学は、昨日からオンラインの授業が始まり、日常がドカンと戻ってきたようです。
4時には授業があるから、ということで2時に寮の前で別れました。

そこから、101号線に出て、海を見ながら走りました。
途中、カーナビが154号線を指定してきたので、その通りに進みました。

山の中の道でしたが、101よりも交通量が少なかったので、若干走りやすそうでした。
再び101に合流して、ちょうどお日様が沈むところでした。
車内から、撮れるか

昔のフィルムだったら、相当な無駄遣いをしてしまったわ

5時少し過ぎに、本日のお宿Sycamore Hot Springsに到着しました。
 
20年ぶりくらいの、久しぶりの逗留です。

バスローブも備えられていて、日本の温泉旅館の浴衣のイメージかしら。

各お部屋にバスタブがついていて、蛇口をひねると温泉が出てきます。

最初は透明ですが、時間がたつと白く濁ります。
硫黄のにおいもして、まさしく温泉
2019年の年末に日本にいって以来の、久々のおんせん~~
早速ドボン。

ホカホカに体が温まってから、ホテルのラウンジで夕食を取りました。

Dannasanはワイン、Mamaは南国風なフルーティなカクテルを頼んでみました。

お昼のとんかつなどなどがドカンとおなかに居座っているようなので、軽めの夕食にすることにしました。

チーズのプレートと、温かいビーツサラダにしました。
ブルーチーズは久々でしたが、この香りも意外といいじゃない
ちょっと大人の味覚になったのかしら
普段、家であまり使わない食材のビーツのサラダは、とっても美味でした。
カリカリのベーコンとガーリックの香りが程よく、ビーツの甘みが生かされて、これは掘り出し物の気分

酔い覚ましに少し散歩をしてお部屋に戻りました。

再び温泉に浸かって、ポッカポカ。
年始から、こんな贅沢をしてよいのかしら

帰寮

今日は、Jouchanが大学の寮に戻る日です。
寮に入る前に、COVIDテストの陰性証明が必要です。
昨日受けに行ったテストは、2,3時間で結果が来ると思っていたら、24時間から48時間かかることが判明。
寮に入る時間は今日の4時。
間に合わない可能性大じゃん

昨晩rapid testの場所を調べ、一応7時20分の予約を入れましたがあてにならない様子。
DannasanがJouchanを連れて、今朝の6時40分ごろ家を出て検査に行きました。
7時前に到着したら、すでに20人くらい並んでいた模様。
7時半に連絡が入り、”今始まった。一人5分くらいかかる”とのこと。
こりゃテストが終わるのは9時過ぎかぁと思っていたら、案の定、9時10分ごろテストが終わり、結果を待って帰ってきたのが9時半ごろでした。
結果は陰性だったので、ほっとひと安心
外で2時間も待って、寒かったことでしょう。

それから大急ぎで朝食をとり、ドタバタと荷物をまとめて、家のことをBocchanにあれこれ頼んで、10時17分に出発しました。

出発時は曇りでしたが、南に向かうほど晴れてきました。
1時過ぎに
「昨日の検査結果が届いた!陰性だった
とJouchanが後ろの席から報告してくれました。
「これだったら、今朝行かなくてもよかったね」
と言っていましたが、まあ、安心して出発できたのだから万事オッケーってことにしましょう

途中、1時半ごろランチにすることにしました。
マクドナルドの店内で座って食べようと思って駐車場を回ったら、ドライブスルーの道を逆走してしまいました
幸いにも2台通れる幅だったので大事に至らず、対向車に文句も言われずにすみました

結局お店は改装中で入れず、道順通りにドライブスルーを通ってランチゲット
車の中でもそもそ食べました。
Mは久しぶりにフィレオフィッシュを食べたのですが、パンがふかふかでびっくり!

2度ほどRest Areaで休憩を取りつつ一路LAへ。
道から見えた油田では、何基か活動中でした。

果物畑が途切れたら油田。
なんだか底知れない大地だわ

これから峠越えです。

先日雪が降ったときには、山に入れずにここでUターンを余儀なくされたそうです。

まだ雪が残っていました。

4時10分ごろ寮に到着し、彼女は本日2回目のCOVIDテストを受けに行き、もちろん問題なく帰寮できました。
ひとまず荷物を置いて、一緒に夕飯を食べに出かけました。

車で5分ほどの寮の近くの繁華街Westwood Villageに行きました。
まずはお腹を満たしに、中華のお店に入りました。

中華と思って入ったら、タイ料理屋さんでした
エビのチャーハン、チキンイエローカレー、ピーナツとエビの炒め物を3人で分け合いました。
カレーは、ココナツの香りがよくきいて、少し甘めでしたがあとからじわっと辛みが湧いてきました。
チャーハンも、少し甘めでしたがいくらでも食べられちゃいそうでした。
炒め物は、魚醤がベースとなって白米にぴったりの濃いめのお味でした。
思ったより辛くて、Mは無言になりました。
Jouchanは、
「今度、お友達と来よう❣」
とお値段的にもなかなか気に入ったようでした。

少し、通りを3人で歩きました。


メイン通りは活気があって学生の街だなぁ、という感じでした。
お土産屋さんがありました。
 
日本のアニメのキャラクターグッズが、ドドーンと陳列されていました。
中に入ったら目が輝いてしまいそうだったので、後ろ髪をひかれつつ車に戻りました。
Jouchanを寮に送ってから、ホテルに向かいました。

明日のお昼もJouchanと一緒に食べる約束をしたので、大学から車で20分くらいのところのモーテル(ホテルよりもこじんまりとした宿泊施設。日本のモーテルとはちょっと雰囲気が違います。)Super 8に泊まります。

思ったよりもアメニティも行き届いていて、小さな冷蔵庫と電子レンジ付きで居心地よさそうです。

渋滞がなく、すんなりと予定通りの時間に来られてよかったです。
朝のテストの2時間待ちにはじまり、6時間の運転、DannasanいえいえDanna-sama、一日お疲れさまでした

帰路

昨晩は、7時にホテルを出発してJouchanの寮まで全員で迎えに行き、順調に彼女を拾ってホテルに戻ったのが8時過ぎでした。
車中、兄妹で話が弾んでいたのは、新たな発見
久しぶりに、ホテルで家族4人の団欒となりました。

今日は、お天気もよさそうです。

朝焼けの空港も、なかなか乙ですわ。

7時に、ラウンジに朝食を食べに行きました。
Embassyは、大体朝食のメニューも統一されているので、オムレツとその他もろもろの同じようなメニューを食べました。
ここのポテトはみじん切りのパプリカも入っていて、またおいしかったです。
Dannasanは、8時のチェックアウト希望だったのですが、朝食後に部屋に戻った時点で7時58分。
あと2分じゃ、こりゃ到底無理ですわ
結局、8時40分ごろチェックアウトをし、我が家に向けて出発です。


途中、COSTCOのガソリンスタンドによって給油しました。

順番待ちの時、隣の車から顔を出していた犬の表情に思わず笑いました。
犬も、こんなにボーッとするのね

HWY5号線の峠を越えてまっすぐ道へ。
 
このひたすらまっすぐな道は、Dannasan曰く
「何もすることがなくて、退屈な道。」
ですって。
今日は土曜日で、それほど交通量も多くないですし、トラックも比較的少なめかもしれません。

オット!匂ってきました~
牛の地域です。


黒々と見えるのは、ぜーんぶ牛です

12時半ごろ、途中でランチタイム。

タコベルとマクドナルドと希望が分かれたので、2班に分かれて調達です。
タコベルの外のテーブルで食べました。
少し風が冷たかったです。

午後3時ちょうど、車が我が家のガレージに入りました。
家も無事でした。
何はさておき暖房をつけて、冷蔵庫のような冷え冷えした家の暖か作戦開始です。

車に乗っているだけでも何やら疲れましたが、運転のDannasanはもっと疲れたことでしょう。
安全運転、ありがとう&お疲れさまでした
プロフィール

mattaripon

1995年からカリフォルニア・シリコンバレー在住。
在住年数と英語力は、反比例。
夫と息子と娘の4人家族。
声楽家かもしれない主婦。

ギャラリー
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所