mattariponのぽんこつ日記

まったりと趣味にいそしむ日々をまったり綴っていきます。

 パイ

アップルパイ

夜中に、ゴウゴウとうなるような風が吹いていました。
朝は、真っ青な空です。
まだ、冷たくて強い風が吹いています。
お庭の鉢がいくつか倒れていたので、Dannasanが紐で固定してくれました。

今週の予報

少しは過ごしやすい天気が続きそうです。

***

定番になりつつあるアップルパイを作りました。


今回は、JUICIという種類のリンゴを使いました。

このパックは、トレジョにありました。

この種類のリンゴをコスコで初めて見つけて試しに買ってみたら、とっても身が引き締まっていて、割るときなど、まき割かと思っちゃうくらいでした。
水分少なめですが甘みと酸味が程よくて歯ごたえもシャッキシャキで、すっかり虜になりました。
最近は、もっぱらJUICIばかりです。

今回は、下のパイ生地にもしっかり熱を通したかったので、最初にから焼きをしてみました。
パイ皿にしっかり油を塗ってからパイ生地を敷いてピケをし、エッジにアルミを巻きました。


アルミは、これくらいの大きさに切りました。


400℉(約 204℃)のオーブンで10分焼きました。


アルミを外したらこんな感じ。


ここからは、いつもの手順・分量通りにしました。
エッジの下の生地を巻き込むのは難しかったので、上の生地を少し押し込むようにしてみました。
汁はこぼれず、しっかり中に納まっていました。

実の硬いリンゴでしたから、期待通り、パイにしても食感がしっかり残る焼き上がりでした。
甘みも、うちにはちょうどよかったです。

このリンゴ、ますますファンになりましたわ

アップルパイ

抜けるような青空です。
風が吹いていて、お洗濯物がよく乾きそうですよ

朝は、手をこすり合わせたくなるような寒さでした。
暖房の準備をせねば!

今日の午前中は1週間分の買い物三昧で、5か所の梯子でした。
それでも買い忘れがあるって、どういうこと
買い物リストを握りしめて、回ったのにね~。
リストには、大きな字で書かないとダメね

***

涼しくなってくるとオーブン物が作りたくなります。
Bocchanの好きなアップルパイを作りました。


今回使ったリンゴ

Modiという種類で、近くのスーパーで安売りをしていたので、初めて使ってみました。

パイ生地は、いつものように手抜きの冷凍生地を使いました。
*計量は、アメリカカップで 1 cup=250 ml です。

1 リンゴ6個の皮をむき、櫛切りにしてから横に5ミリ幅くらいにスライスし、大きなボールに入れます。


2 砂糖(グラニュー糖) 2/3 cup
  シナモン 小さじ2
上記を中くらいのボールに入れて、混ぜておきます。
これくらいの分量

混ぜたところ


3 1に2を少しずつかけて、その都度さっくりと混ぜます。


4 パイ皿にパイ生地を敷き、フォークなどでピケし、その上に3を入れます。
*パイ皿は、口径が23 cmくらいのものを使いました。


5 上から、もう1枚のパイ生地をかぶせ、パイ生地の2枚を一緒に上に巻き上げるように閉じていき、上のパイ生地もフォークなどでピケします。


6 5をトレイの上に乗せて、400℉(約 204℃)のオーブンで1時間焼いたら出来上がりです。
*冷ましてから切り分ける方が、中のソースがダレないかもしれません。
トレイに乗せて焼く前

焼き上がり


今回は、焼いている最中に、トレイに中の汁がぽたぽた落ちませんでした。
焼きあがっても、しばらくはジュージューと中でリンゴが余熱調理されているような音がしました。

今回、初めての種類を使ってみましたが、身がしっかりと引き締まった固めのリンゴでした。
そのまま食べてみたら、爽やかな甘みで、すこーし酸味が舌に残る感じがしました。
リンゴそのもののジュースが少なめなのが、パイにはちょうど良かったのかもしれません。

砂糖を
2/3 cupにしてみましたが、十分な甘さでした。
Dannasanは
「これくらいの甘さでいいんじゃない
と言っていたので、決まりかな?

砂糖を半カップにするとどうかなぁ。
もしかしたら物足りないかな?
アイスクリームなどを添えるとしたら、半カップでもいいのかな?
少し前まで、Trader Joe'sで豆乳のアイスクリームを売っていたのですが、最近見かけなくなってしまったのよ
復活しないかなぁ。

Bocchanもペロリと平らげ、
「美味しかった!」
と言ってくれたので、よかった~

これからサンクスギヴィング、クリスマス、とアップルパイの季節到来です。
いろんなリンゴで試してみようかなぁ

アップルパイと煙

今朝は、雲が厚くかかっていましたが、風が雲を蹴散らしているようです。

山に雲の影が映っています。

今日は大みそかです。
それぞれ持ち場を決めて、朝から掃除をしました。
家中のいろいろなところは見なかったことにしつつ、それなりに明るい家庭になりましたわ

近くのモールの11時の開店に合わせて、Jouchanの就職セミナー用のジャケットを買いに行きました。
男の子組と女の子組に分かれてそれぞれの目的のお店に行きました。
Jouchanのジャケットは、デパートを散々うろうろしたのですが、色とサイズとお値段とがピンとくるものがありませんでした。
そうこうするうちに男の子組が合流してきました。
こちらは、Bocchanのシャツと上着が買えたそうです。

目も疲れてきたので、モール近くの韓国豆腐鍋を食べに行きました。
コンビネーションとシーフードの二つを頼んで4人で分けました。
少ないかしら?と懸念していましたが、意外に、ちょうどよい量でした。

鍋のお店の道を挟んだところにお洋服屋さんがあったので、食後にそこも行ってみることにしました。
このお店の中でも二組に分かれてそれぞれに探し物をしました。
色もサイズもお値段も、Jouchan納得のジャケットが見つかりました。
黒で柔らかい生地で、着心地がよさそうな感じでした。
Bocchanは、ジムで使うスポーツ系のお洋服をまとめ買いしていました。
お会計で、店員さんが持っていた割引券を使ってくださって、表示価格よりもお安く購入できました。
とりあえず、子どもらが気に入ったものが買えてよかったです。

***

すっかり機を逸してしまいましたが、アップルパイを作りました。

昨年のクリスマスに作ったレシピで作りました。

パイ生地は、いつものように手抜き生地です。
使う20分くらい前に冷蔵庫から出しておくと、使いやすいです。

1 パイ皿にパイ生地を準備します。
*フォークで所々に穴を開けておきます。
*上からかぶせるもう一枚の生地も、まな板の上などに乗せてフォークで穴をあけておきます。

2 砂糖 3/4 Cup(日本サイズ)
  シナモン 小さじ1
  上記を小さなボールに入れて泡立て器などで混ぜておきます。

3 りんご 5個をサイコロ状に切って大きなボールに入れて、2を何度かに分けてふりかけ、その都度よく混ぜます。
*今回もFuji Appleを使いました。
リンゴを切ったところ

2を混ぜたところ


4 1に3を入れ、バター大さじ1を乗せて上からすでに穴をあけたもう一枚の生地を被せて、周りをくっつけていきフォークの背で模様をつけます。
400°F(約204℃)のオーブンに入れて1時間ほど焼いて出来上がりです。
3を生地に入れたところ

上からかぶせたところ

焼き上がり


前回、焼いている最中にオーブンの下に液がこぼれて焦げ臭くなったので、下にトレイを置くのを忘れないようにしよう、と頭の中で思っていたのに、すっかり忘れてしまいました。
30分過ぎくらいからジュージューと音がし始め、
「あトレイを置くのを忘れてた
と思いましたが
「ま、いっかぁ」
と、そのまま放置して焼き続けてしまいました。

焼きあがってオーブンを開けたとたんに、もわ~~っと煙が立ち上り、焦げ臭い煙が家中に充満してしまいました。
と同時に、煙感知器が1階と2階でビービーとけたたましく二重唱開始
その上AIみたいな声で、”煙が出ています、煙が出ています”としつこく警告される始末
Dannasanと大慌てで椅子をもって移動し、天井から取り外しました。
Bocchanのミーティング開始2分前
ぎりぎりセーフで静寂が戻りました

はぁ、またやらかしてしまいました。
ごめんちゃい

アップル・クラスト・パイ 再挑戦

昨日の午後、Jouchanの大学から連絡が入り、9月からの2年生(ソフモア)始まりに合わせて、寮に入れることになりました
この学年は、高校の卒業式もできませんでしたし、大学1年生(フレッシュマン)での寮生活の体験もできずにすべてがオンラインの学生生活でした。
大学の寮は1年生優先で入れないかもね…と半分以上あきらめていたので、寮生活を体験できることになり、本人もとてもうれしそうです。
親としても、Bocchanが体験できた寮生活を彼女にも体験させてあげられることがとても嬉しいです
9月15日から19日の間にMove Inなので、あと2か月ほどは一緒にいられます。
自分の部屋の整理もしていってもらわないとね

彼女が家を出たら、Bocchanは4歳以来久々の一人っ子状態だわね

***

今朝は、8時過ぎには快晴になりました。
枯草の草原方面に歩きました。

道端に、突然生えたサボテンから突然つぼみが生えていました。

サボテンって、ホントに不思議な生き物です。
日陰道を縫うように歩いた2.6マイル(約 4.18 Km)のお散歩でした。

***

前回のアップル・クラスト・パイの反省を踏まえて、再挑戦しました。


今回も、もちろん、お得意の手抜きパイ生地を使いました。

1 パイ皿に薄く油を塗って、パイ生地を敷き、フォークでピケしておきます。

2 りんご 4個 の皮をむいて芯を取り除き1/4に切り、薄過ぎない厚さにスライスして薄い塩水に入れて色止めをし、ざるに上げておきます。

3 小麦粉 1/2 Cup(アメリカサイズ)
  シナモン 小さじ1/2
  砂糖 1/8 Cup(アメリカサイズ)
  塩    小さじ1/16
 上記をボールに入れて、泡立て器でさらっとかき混ぜておきます。

4 バター 1/4 Cup(アメリカサイズ)を小さいサイコロ状に切って3に入れて、手でもんでポロポロにします。
*ちょっと湿った砂場のような感じに見えたら、クラスト完成です。

5 2のりんごを1のパイ生地に並べます。重なってもOK。その上から4をパラパラとかけて乗せ、350°F(約180℃)のオーブンに入れて45分~1時間焼いたら出来上がりです。

りんごを並べたところ


焼き上がり


前回、りんご2個で時間が経ったら薄くなってしまったので、今回は、りんごを4個に増やしてみました。

授業の合間の息抜きにJouchanがキッチンに来て、粉類の軽量とりんごを並べるお手伝いをしてくれました。
とても丁寧にりんごを重ねてくれたので、とても助かりました。
今までは、ザザーーッとパイの上に入れただけの雑な作り方だったのが、恥ずかしいくらいです

Bocchanは日課の朝寝中で、
「寝てたら大好きなアップルパイができてるなんて、贅沢すぎるよね〜
とJouchanの一言

今回は、中身が前回よりも多かったせいかパイ生地の焼きが甘くて、底の部分がちょっとイマイチ・・・
焼き時間を55分から1時間に伸ばしたほうがよさそうでした。

クラストとリンゴの塩梅はちょうどよく、お味もこれでやっと決まりですね
Trader Joe'sのSoyアイスをDannasanが盛り付けてくれて、美味しくいただきました

アップル・クラスト・パイ

今朝も快晴です。

今日はゆるゆるコースで行きました。
サボテンチェックに回ったら、代わり映えしていませんでした。
 

でも、先日咲きそうだったお花はすっかりしおれていたので、これはもしや、真昼間の暑い時間ではないと咲かないのではないかしら?
咲き誇る時間を外しているということ

Dannasanが庭のサクランボをいくつか収穫してきました。
 
一粒一粒が小さくお味は薄かったですが、見た目が可愛いから

今日の空

今日のお散歩は、距離を測るのを忘れました。

***

先日のBocchanの誕生日に、ケーキのリクエストを聞いたら
「アップルパイがいい」
ということだったので、以前に作ったアップル・クラスト・タルトにアレンジを加えて、タルト生地をパイ生地に変更して作ってみました。


前回は、お砂糖を減らすか、クラストを半分にしてもいいかも、と思ったので、クラストを半分にすることにしました。
前回のレシピに少し手を加えてみました。
お得意の()手抜きパイ生地を使いました。


1 パイ皿に薄く油を塗って、パイ生地を敷き、フォークでピケしておきます。

2 りんご 2個 を皮をむいて1/4に切り、薄過ぎない厚さにスライスし、りんごが浸かるくらいの塩水に入れて、色止めをします。

3 小麦粉 1/4 Cup(アメリカサイズ)
  シナモン 小さじ1/4
  砂糖 1/8 Cup(アメリカサイズ)
  塩    小さじ1/16
  上記をボールに入れて、泡立て器でさらっとかき混ぜておきます。

4 バター  1/8 Cup(アメリカサイズ)を小さいサイコロ状に切って3に入れて、手でもんでポロポロにします。
*ちょっと湿った砂場のような感じに見えたら、クラスト完成です。

5 2のりんごをざるに上げて水気を切り、1のパイ生地に並べます。重なってもOK。その上から4をパラパラとかけて乗せ、350°F(約180℃)のオーブンに入れて45分焼いたら出来上がりです。
焼き上がり


甘みは、これでちょうど良かったです。
パイ皿のほうがタルトよりも面積が大きかったようで、クラストがカバーしきれなかった感があります。
今回のクラストの量は、タルトにはちょうど良さそう。

パイ皿だったら、クラストの量を前回と変えずに砂糖を半分にするのが良いかも。
  小麦粉 1/2 Cup(アメリカサイズ)
  シナモン 小さじ1/2
  砂糖 1/8 Cup(アメリカサイズ)
  塩    小さじ1/16
  バター 1/4 cup
次回は、この量で挑戦してみますかねぇ。

パイ生地の方がタルト生地より大きかったので、りんごをもう1個増やしても良かったかもしれません。
時間が経つと焼き上がりよりも下がってしまったので、うすっぺら〜い中身になってしまいました

好みのピタリ賞までの道のりは遠いですなぁ
プロフィール

mattaripon

1995年からカリフォルニア・シリコンバレー在住。
在住年数と英語力は、反比例。
夫と息子と娘の4人家族。
声楽家かもしれない主婦。

ギャラリー
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所