mattariponのぽんこつ日記

まったりと趣味にいそしむ日々をまったり綴っていきます。

Wの悲劇

お日様はぽかぽかですが、風が少し肌寒いです。
今週は、気温に変化は少なそうです。


午前中は、Dannasanが忙しそうだったのでお散歩は無しになりました。

昨日は一日だらだらと過ごし、Shinglesの反応はほとんど過ぎ去りました。
今は、ふくらはぎがちょっと重いのと腕がチリチリかゆい程度です。

***

夏樹静子著の「Wの悲劇」を読みました。


巻末には、昭和59年6月初版発行、同年9月4版発行 とありました。
昭和59年は・・・1984年です
あの頃に、お小遣いで買った本です。

山中湖畔の冬の別荘で、殺人事件が起こります。
「おじいさまを殺してしまった。」
と混乱する大学生の摩子を守るために、集まった親類縁者一同が、皆で外部犯と見せかける隠ぺい工作をします。
摩子を東京へ帰し、何者かにおじいさまが殺された、と通報し、警察がやってきます。
警察が徐々に真相を暴き出し、外部犯と見せかけた内部の犯行と見抜き、摩子を連行するも、まだ黒幕がいるとにらんで真相が明らかになっていきます。
黒幕が出てくるあたりから、読んでいるこちらも’摩子が最初の殺人犯だ’と騙されていたことに気づきました。

ちょっとしたロマンスも含まれていましたが、そこはホントにちょっと、ほんのり色付け程度でした。
そのあたりも、じっくり読んでみたかったですが

自分がJKだった頃(そのころはJKなんて言わなかったわね)、薬師丸ひろ子ちゃんの映画でみました。
映画を見て原作のこの本も、お小遣いで買っちゃったのよね~。
表紙のひろ子ちゃんもかわいいし
薬師丸ひろ子ちゃんと三田佳子さんのW主演だったわ。

もやっと覚えていた映画の内容と原作がちょっと違うように感じたのですが、作品を勘違いしていたかしら?
確か、映画では劇中劇があり、女優同志の話だったと思うのよ。
なんか、もやもやだわ~。

で、検索
映画では、原作は舞台で上演される作品として据えられていました。
原作そのものを映画にしたのではなく、劇中劇が原作だった、というわけね。
は~、もやもや解決!
女優同志のお話、というのもまんざら外れてもいなかったみたいよ

検索中に映画のスタッフを見ていたら、音楽:久石譲とありました。
知らなかったぁー
音楽に気を付けて見ていなかったわ。

これは、もう一度見直すべき映画作品かもしれないですね

暁のヨナ 40

ほとんど風もなく、うららかな陽気です。

午前中に、日本食スーパーにお買い物に行きました。
本屋さんが付随しているスーパーは、お正月用品購入以来かな?

お正月物はすっかり影を潜め、ぽつぽつ、節分物が置いてありました。
今年の節分は2月3日です。
豆の準備完了
しっかり豆をまいて、悪霊退散、福を呼び込みたいものです。

並びのパン屋さんで、久しぶりに調理パンを買いました。
お店は、店内10人までの規制が継続中でした。
外で一人待ちでしたので、2番に並びました。
ほどなくして、後ろにも数人並び始めていました。

Dannasanは並ぶのが大の苦手なので
「帰ろうよ。」
と早速くじけていましたが
「メロンパンが食べたいよぉ
と、わがままを通し、ゲットです!

外がカリッとしたメロンパン!
これよ、これ‼
これは、やっぱり日本のパン屋さんじゃないと手に入らないのよね~。

店内でとても久しぶりの友人に会い、これまた久しぶりに家族以外の人との日本語で生会話
今月に入って、初めてじゃない
まったく、どんな穴倉生活やら

本日の一番のお目当て。
本屋さんで、日本の1月20日に発売された「暁のヨナ 40巻」を買いましたぁー

日本の発売日から1週間で、こちらでもすでに販売されてましたよ。
平積み残り5冊でした。
流通が正常に戻ってきたのですね。

前回は、南戒(みなみかい)国からの暗殺集団が緋龍城(ひりゅうじょう)へやってきて、ヨナ姫の仲間であり医術の心得のあるユン君が人質になってしまったところで終わっていました。

ヨナたちに助けられたメイニャン姫を迎えに来ていたヴァル将軍は、自国の暗殺集団と刃を交え、反逆者となります。
元は軍部出身のメイニャン姫も、ユン君を守るためにヴァル将軍と共に戦います。
ところが、そこへ現れためっぽう強い暗殺者は、南戒国の最高権力者であるチャゴル殿下でした。
圧倒的な威圧感でヴァル将軍を抑え込み、
あっという間にメイニャン姫を奪い去ってしまいました。
さらに、ヨナ姫たちの古巣である緋龍城を火の海にしてしまいます。

ヨナ姫に付き従う四龍たちは、緋龍城が焼かれ始めてから体が思うように動かなくなってしまいます。
水に流されケガを負っていたハクと四龍は、ユン君とヨナ姫の力で何とか回復し、これから始まる南戒との戦いへと突入していくところで、次巻へ続く・・・

この巻は、チャゴル殿下のいや~な威圧感が存分に発揮されて、これからこの軍とどう戦っていくのか、勝機はあるのか、いやなんか勝てる気がしない、って感じでした。
メイニャン姫とヴァル将軍に明るい未来があるといいなぁ、二人にも幸せになってもらいたい!と思わずにはいられませんでした。

戦いのさなかにありながら、ヨナ姫とハクの、お互いを信頼して、支えあって、守りあって、静かに心が通い合っているさまが感じ取れて、やっぱりこの二人いいなぁ、と思いました。

大抵は最終ページにある次巻予告が、今回載ってなかったの
多分、3か月後くらい、と予想して、楽しみに待ちます

ナビガトリア

朝は、風と雨で嵐の様相を呈していました。
午前中は、時折、ゴーッと言う音が聞こえるほどの雨が降っていました。
午後になって、小休止中です。

捨ててしまったと思っていたパッキンが、なんとなんと、お皿にくっついて出てきました

食べ物を乗せようと思ったらそこにあり、ビックリ
玉ねぎだと思って捨てたのは、本当に玉ねぎだったのね
パッキン装着。

あるべき場所に収まりました
これでまた安心して使えます

***

アサダニッキ著の「ナビガトリア」全3巻を読みました。


1巻を読んだら、まさに私のツボ!
我慢しきれずに、
電子コミックスで衝動買いしちゃいました
サクッと3巻で完結、というのも魅力的でした。

こよりは、東京の小さな会社で働いていましたが、リストラにあい、ネットで知り合った島根県の友人:実(みのる)君(ちなみに、中2)宅に滞在することになります。
実は両親を早くに無くし、祖母と兄姉3人の生活でした。
実の兄:昭(あき)は、家族を養うために高校卒業と同時に働き始め、31歳でいまだ独身でした。
こよりが実の家にやってきたことで、近所の人たちが昭の彼女と勘違いし、こよりもお酒の勢いで婚約状態と口から出まかせを言ってしまいます。

嘘からはじまったこよりと昭の関係が、ゆっくり、ゆっくり、紡がれていきます。
家族がお互いを思いあい、一人一人が少しずつ心を開き、こよりの存在で癒されていきます。
こよりも、この家族を大切に思い、東京で疲れ切っていた心が癒されていきます。

今となっては薄くなってしまったご近所づきあいの、良いところも面倒なところも語られていました。
それを分かった上で、こよりが昭のそばでここに住む、と決めていく流れも、とても自然に描かれていました。
二人のゆっくり流れる大人の恋が、上品に仕上がっていました。

キャラクターたちの心の動きもぎゅっと詰め込まれた、ほっかほかの全3巻でした。
何度読んでも、心が温かくなりますわ~。
エンディングも、大大満足
こんなに素敵な作品に出会えて、幸せ 

花実のない森

昨晩は、家がギシギシときしむ音がするほどの風雨でした。
お昼ぐらいまで雨足が強かったですが、午後には上がっています。

今週の予報

まだまだ雨は続くようです。

ちなみにサンフランシスコ

サンノゼと、ほとんど変わりないようですね。

***

松本清張著の「花実(かじつ)のない森」を読みました。


巻末には、1975年第1刷、婦人画報1962年から63年連載 原題「黄色い杜」 とありました。
連載から文庫の間が10年以上あったようです。

主人公:梅木隆介が一人でドライブ中に、道で困っていた夫婦と思われる男女を乗せたことから謎が始まります。
女性の美しさに心奪われた梅木は、
何とかしてもう一度彼女に会いたいと、車に残された男の忘れ物から彼女へとたどり着きます。
しかし、それはほんのつかの間のことで、彼女はすぐに姿を消してしまいます。
その後、男が殺されたニュースから彼女の足跡をたどり、彼女の謎に迫っていきます。
結末に広げられた真相には、えーーっと声が出てしまった驚きが隠されていました。

話のなかでの彼と彼女との接点は、彼女との出会いの点、彼女を訪ねた点、彼女を連れだした点、この3点でした。
彼女と彼との点はすれ違い続け、最後には謎は解けましたが点が重ならずに終わってしまいました。
それでも、物語の中にはずっと彼女があり続け、脳内に彼女が刷り込まれているような感じでした。

この作品を調べてみましたら、1965年に映画化され、2017年にはドラマ化されているようです。
ドラマのほうは、主人公:梅木を東山紀之さん、謎の美女を中山美穂さんが演じたようです。

花実のない森 ドラマ

設定は今風に変えたようですが、きっと、しっとりと落ち着いた色気のお二人に、雨がよく似合いそうな、大人の香りが漂う作品だったのではないかしら、と妄想が止まらないわ

蟬しぐれ

帰省前から、Jouchanは、ポケモンゴーという、散歩をしながらポケモンを集める、というゲームにはまっています。
Bocchanに
「今頃
と言われつつも、
「この辺、レアポケモンがいっぱいいる
と、いそいそと散歩に出かけています。

午前中に、Jouchanも一緒に日本食スーパーにお買い物に行きました。
もちろん、ポケモン集めの楽しみもあるようでした。

スーパーには、まだあまりおせち物がそろっていなかったのですが、これから入荷でしょうか?

その足で立ち寄らせていただいた先で、かわいい植物をいただきました。

週に1回きりふきをかけるとよさそうです。
鉢の形もかわいいわ~
大事に育てます。
ありがとうございました

***

友人からお借りした、藤沢周平著の「蟬しぐれ」を読みました。


巻末には、1991年第1刷、2001年第25刷、初出「山形新聞」夕刊 昭和61年より昭和62年、単行本 昭和63年 とありました。
昭和61年は・・・1986年です。
単行本の後の25刷ですか!
なかなかの人気ぶりですね。

初出が山形新聞ですよ
著者が山形県鶴岡ご出身の縁からでしょうか、山形新聞読者は一番にこの作品を読むことができたのですね。
なんて羨ましい

舞台は、海坂(うなさか)藩。
普請組組屋敷に住む、この物語の主人公、牧文四郎の淡い恋、剣術、跡目に絡むお家騒動に巻き込まれながら成長していく姿を描いた長編小説です。
読む手が止められず、夜更かしの連続でした。
思わずDannasanにも勧めてしまいました。
読み始めた彼も、夜更かしばかりしていましたわ

読後に調べてみましたら、この小説はとても愛されている作品のようで、作品紹介やあらすじ紹介を多く目にすることができました。

蟬しぐれ

こちらは、山形新聞のコラムです。
感じたこと、思ったことが語りつくされていて、もう何も言うことございません、って感じです。

海坂藩は、藤沢周平の作品によく出てくる架空の藩ですが、庄内藩がモデルになっていると言われているようです。

海坂藩

山形県米沢市出身の井上ひさしが書き起こした海坂藩の地図までありました。

海坂藩 地図

このサイトを見つけてふと見たら、’映画’とあるではありませんか。
映像化されていたの?と驚き、調べてみました。

2003年にNHKの時代劇シリーズでドラマ化されていました。
この時の主人公:牧文四郎は内野聖陽さん、ヒロインのお福は水野真紀さんだったようです。

時代劇シリーズ

2005年には映画化されていました。
主人公:牧文四郎は市川染五郎さん、ヒロインのお福は木村佳乃さんだったようです。
日本アカデミー賞では、優秀作品賞など賞を総なめだった模様。

映画 蟬しぐれ

なんとなんと、宝塚歌劇団、大阪松竹座、明治座などでも舞台作品となっていたようです。

友人が8冊の藤沢作品の本を貸してくださったときに
「この中に、好きな作品があるのよ。どれだかわかるかな~
とおっしゃっていましたが、この作品かしら?
かくいう私も、心に残る作品の一つになりましたもの
剣あり恋あり友情ありの、贅沢な一品でした
プロフィール

mattaripon

1995年からカリフォルニア・シリコンバレー在住。
在住年数と英語力は、反比例。
夫と息子と娘の4人家族。
声楽家かもしれない主婦。

ギャラリー
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所