mattariponのぽんこつ日記

まったりと趣味にいそしむ日々をまったり綴っていきます。

料理

ドーナツ

今日はメモリアルデーで、会社はお休みです。
家の面々は、各々自由に過ごしています。

昨日は、ふわふわドーナツが食べたくなったので、Dannasanの協力を仰いで、夫婦合作ドーナツを作りました。


レシピは、こちらに倣いました。

パン屋さんのふわふわドーナツ

パン作り機の扱いがよくわからないので、Dannasanの出番です。
レシピにある卵1/2個は面倒なので、1個入れて粉類は何やら計算して増やしてくれました。
ブレッドメーカーのこねこねが終わったところ


まな板にパーチメントペーパーを敷いておいて、その上に生地を取り出しました。
昨日は5人家族だったので、15個に分けて丸めてトレイに並べました。


Dannasanが霧吹きをかけたり、乾かないようにふんわりラップをかけたり、生地の面倒を見てくれました。
20分休ませてからもう一度丸めなおして、真ん中に大きめの穴をあけてドーナツ型にしました。

一つずつパーチメントペーパーに乗せます。
30℃のオーブンに入れて、表面を乾かすように発酵。
ここも、Dannasanの出番でした。
30分以上放置しました。

発酵後。

ほっくらと膨らみました。

大きめのフライパンに揚げ油を入れて、160℃~170℃に熱して、パーチメントペーパーごと油の中に滑らせて入れ、生地がはがれてきたらパーチメントペーパーを引き上げます。

この工程には、Dannasanも興味津々だったようです。
紙ごと入れてどうなる?と疑問だったようですが、生地がするりと離れて紙は問題なく引き上げられて、
「おーー!こうなるのか~!」
と科学少年の目になっていました。

揚げあがり

頑張って広げたつもりの穴は、すっかりむっちむち。

粗熱が取れてから、シナモンシュガーをまぶしました。

レシピ通り、ジプロックに入れてふったらもっとまんべんなくまぶせたかもね。

シナモンなしの粉砂糖のみも5つ作ってみました。

見た目はかわいいかな?

全部まぶしたところ


皆で試食。
ふわふわに、一同驚き。
生地が甘すぎないので、まぶした砂糖類の甘さがちょうどよくて大好評。
シナモンシュガーのほうが好評でしたねぇ。
全部シナモンシュガーでよかったかもね。

朝10時から生地作りを始めて、午後4時の試食タイムでした。
時間はかかりましたが、手作業の時間は少なかったです。
揚げたては、これまた一段と美味しかったです。
全員から’おいしい’連発、いただきましたーー

少し残ったので、翌日(今日)はトースターで軽く焼いてから食べました。
やっぱり昨日の方がおいしかったですが、ふかふかは健在でした。
Bocchanから
「マジでうまかった」
のお褒めのコメント。
またのんびりとした休日に作りましょうかね。

抹茶豆乳ゼリー


今日は、昨日より過ごしやすい陽気に落ち着いています。
昨晩はOyomechanがお泊りだったので、今朝は皆から
「Happy Mother's Day」拍手~~~
をもらいました。
朝食後は、子どもらはそれぞれに出かけて行きましたので、Dannasanと二人、特に会話もなく静かな一日です。

先日、Bocchanの誕生日がありました。
当日はOyomechanが素敵なケーキを買ってきてくれたので、ろうそくを3本立てて祝いました。

あんこ大好きBocchanに合わせて「抹茶豆乳ゼリー」も作っておいたので、翌日に食べました。

以前にも作ったことはありましたが、若干修正を加えてみました。

1 ゼライス(Knox) 1袋(7 g) を 水 大さじ3 を入れた器に振り入れ、冷蔵庫でふやかしておきます。

2 豆乳 500 cc
  コンデンスミルク 大さじ3
  抹茶 大さじ1
上記をお鍋に入れて混ぜてから火にかけ、沸騰直前に火からおろし、1のふやかしたゼライスを入れてゆっくりとかき混ぜて溶かします。

3 お鍋の底を冷たい水に当てながらしばらくかき混ぜ、粗熱が取れてからおたまなどですくって器にゆっくり入れ、それぞれラップをかけて冷蔵庫で冷やします。

4 あんこ 大さじ3くらい
  水 大さじ2くらい
上記を小鍋に入れて中火にかけて混ぜ、ふつふつとしたら火を止めて冷まし、固まった3の器それぞれに乗せて完成です。

今回は、少し大きめの容器5個にしました。
それぞれにあんこがたっぷり乗って、皆大満足でした。

ブラウンシュガーの代わりにコンデンスミルクを使ってみましたが、これが何とも良い相性でした。
ほのかにミルクの香りがして、良い塩梅。
大さじ3 にしましたが、大さじ4 くらい入れてもよさそう。

お鍋の底に水を当てながらゆっくりかき混ぜて冷ましたのが功を奏したのか、抹茶が下に沈みませんでした。
ちょっとしたひと手間でしたが、思い通りになってよかったわ。
「二層になるのも、それはそれで見た目がいい感じだけどね」
と、Dannasan談。

誕生日ボーイは、
「僕はあんこに弱いんです」
と言いながら美味しそうに食べてくれました。

誕生日、本人はさほど嬉しいわけでもなさそうですが、生まれてきてくれた喜び、また一つ年を重ねられた喜びを祝う日、ですわね

ドラゴンフルーツプリン

夜半過ぎから雨が降り始め、今日の午前中まで降り続いていました。
雨が上がった後は、強い風が吹いていました。
新入りのドア飾りがバッタンバッタンとドアに当たる音がしました。
夕方になって風は穏やかになりましたが曇り空です。

先日、ドラゴンフルーツをいただき、朝のフルーツ盛に入れて初めて食べてみました。
 
食感は、キウイに似ているような気がします。
他のフルーツの味が濃かったせいか、ドラゴンフルーツそのもののお味は薄く感じました。

調べてみたところ、ビタミン豊富で食物繊維もたっぷりの果物ということでした。
長く置いておいても味が濃くなることはないようなので、もう一つは創作プリンにしてみました。

*計量は、アメリカサイズです。
1 cup = 250 cc
大さじ、小さじは日本と同じサイズです。

1 ゼライス(Knox) 1袋 を 水 大さじ3 に振り入れて冷蔵庫でふやかしておきます。

2 ドラゴンフルーツ 1個 をぶつ切りにして、ミキサーでトロトロにしておきます。 
今回使ったドラゴンフルーツ

上と下を切って縦に割ります。

さらに縦に半分ずつに切って、赤と白の境目に指を入れるとつるんと皮がむけました。
ぶつ切りにしてミキサーの器へ。

ドロドロにしたところ

オクラのような粘りが出ました。

3 サワークリーム 8 oz
  コンデンスミルク 大さじ2
  砂糖 大さじ2
上記を大きなボールに入れて泡だて器でよく混ぜます。
今回使ったサワークリーム

材料を入れたところ

混ぜたところ

*コンデンスミルク 大さじ4 で作ってみたかったのですが、生憎大さじ2 しかなかったので、砂糖 大さじ2 を加えました。

4 生クリーム 1 cup を小鍋に入れて火にかけ、沸騰寸前で止めてふやかしたゼライスを入れてゆっくり溶かします。
生クリームを火にかけたところ

ゼライスを溶かしたところ

5 4を3にゆっくりと流し込みながら泡だて器でかき混ぜます。

6 5に2のドロドロにしたドラゴンフルーツを加えて泡だて器でよく混ぜ、底を氷水に当てながらゆっくり混ぜて少しトロっとしたら器に入れます。
加えたところ

混ぜたところ

器に入れたところ

9個にしてみましたが、8個でもOK。

7 それぞれにラップをかけて冷蔵庫で2時間以上冷やして固め、食べる前に小さく切った果物に 砂糖 小さじ1弱 をまぶしてプリンに乗せて完成です。
今回は、イチゴを使いました。

最初に、なにも果物をのせないで食べてみました。
甘さは控えめですが、うち好み。
サワークリームがいい感じで、クリーミーさは濃厚。
ドラゴンフルーツの種のプチプチ感が食感の違いになっていましたが、果物としての存在感は薄かったかな。
「これだけでも十分美味しいよ、美味しいけど何かが足りない・・・」
と家族で満場一致。

砂糖をまぶしたイチゴを乗せてみたら、段違いで高評価
D「うん、こっちのがおいしい」
B「これだよ、これ!ドラゴンフルーツだったらこの食べ方だね」
J「うんうん、イチゴがいいよ、ピッタリだよ」
と好評でした。

自分ではなかなか手に取らないフルーツですが、面白い経験になりました。
ごちそうさまでした

レモンチーズケーキ 再挑戦

うららかというには、太陽の光がまぶしすぎるように感じます。
1日中、窓は開け放ったままです。

Jouchanは、今日から電車の駅の往復は一人で運転です。
男子ズは週1回の出勤、Jouchanは週5日の出勤です。

Jouchanが夏に通っていたときとは、オフィスのメンバーも様変わりしていたようです。
人数がだいぶ減って、フロアががらんとした感じだったそうです。
前のときに仲良くしてくださった老紳士は健在だったと、ちょっと嬉しそうでした。
昨日は、歓迎ランチをしてくださったとのことで、持って行ったお弁当はそのまま持ち帰ってきました。
今日は送別ランチがあるとのこと。
転職、レイオフ、世の中は目まぐるしく動いているようです。

午前中にCOSTCOとTrader Joe'sを回り、冷蔵庫はフル回転です。

***

半月ほど前に挑戦したレモンチーズケーキをJouchanと一緒に作りました。

前回は生クリームを入れ忘れて思っていたのとちょっと違う残念な結果でしたので、今度こそ!です。
Jouchanは、チーズケーキが食べたい、と思っていたところだったそうなので、タイミングもバッチリ。
喜んで手伝ってくれました。

前回同様、レシピはこちらを参考にしました。

レモンチーズケーキ

計量は日本サイズです。
1 cup = 200 cc

クリームチーズは、室温に戻しておきます。

タルト型は、前回同様大きめのパイクラストを使いました。

レモン2個を洗って、絞っておきます。

1 クリームチーズ 1箱 を大きめのボールに入れて、ヘラで滑らかになるまでよく練ります。


2 グラニュー糖 80g を1のボールに入れて、泡だて器でよく混ぜます。


3 卵 2個 を2のボールに入れて、泡だて器でよく混ぜます。
卵を入れたところ

混ぜたところ


4 生クリーム 1/2 cup を3のボールに入れて泡だて器で混ぜます。
生クリームを入れたところ

*今回は、忘れませんでしたよ~

5 小麦粉 大さじ3 を4のボールに振り入れて泡だて器で混ぜ、あらかじめ絞っておいたレモン汁をこしながら加えて混ぜ、型に流し込んで170℃(約340℉)のオーブンで40分から50分焼いて完成です。
小麦粉を入れたところ

レモン汁を入れているところ

*レシピでは 大さじ5 とありましたが、レモン2個、もしくは1個でもよさそう。
混ぜたところ

型に流し込んでいるところ

型に入ったところ

焼き上がり

時間がたったら少しへこみました。


焼き上がりからして、ふっくら感が違います。
焼きあがった直後は、プルンプルンでした。

口に入れたらふわっとしっとり。
これだよ、これ!
レモンはマイヤーレモン2個を使いましたが、レモンが存在を主張していました。
チーズ味を楽しみたければ、レモン1個でもいいかもね。

チーズケーキを待っていたJouchan、大満足。
Bocchanはぽつりと
「あ、うめえ・・・」
Dannasanは
「やっぱりこってり感が違うねぇ」
と長めのコメントをくれました(笑)

あー、やっと出来上がったわ!
簡単で美味しいレシピでした。
リベンジ大成功ね

抹茶蒸しパン

曇り時々晴れ、の天気です。

今日は男子ズがそろって出勤です。
JouchanとMamaは、だらだらと片付け作業です。

***

LAに行く前に抹茶蒸しパンを作りました。


手持ちのレシピ本を参考にしました。

耐熱ボウルにパーチメントペーパーを入れ込んでおきます。
*底の直径が17㎝くらいの大きさの耐熱ガラスボウルを使いました。

切り込みを入れずに折り込むようにしてみました。

大きめのフライパンに蒸し用トレイを置いておきます。

*蒸し用トレイがない場合は、平たいお皿を置いておきます。

1 あんこ 大さじ3強くらい 
  水 大さじ3
上記を小鍋に入れて火にかけ、モッタリとさせて冷ましておきます。
材料を入れたところ

火にかけたところ


2 卵 1個 を大きなボールに入れて泡だて器で溶きます。


3 牛乳 大さじ2
  ショートニング 大さじ1
上記を1のボールに入れて泡だて器で混ぜ合わせます。

*ショートニングは細かくなる感じです。
**レシピでは、ショートニングの代わりに サラダ油 大さじ1 でした。

4 コンデンスミルク 30g
  砂糖 20g
  ハチミツ 30g
上記を3のボールに加えて泡だて器で混ぜます。


5 小麦粉 100g
  ベーキングパウダー 小さじ1 1/2
  抹茶 10g
上記を一緒にふるいに入れて4のボールにふるい入れて泡だて器で混ぜます。


6 1のあんこを5のボールに加えてヘラで混ぜ合わせ、準備しておいた型に入れて表面を少しならし、準備しておいたフライパンに置きます。
あんこを入れたところ

型に入れたところ

フライパンに入れたところ


7 型とフライパンとの隙間からフライパンの半分くらいの高さまで熱湯を注ぎ入れ、弱火にかけて蓋をして30分ほど蒸し焼きにし、串を挿してみて生地がついてこなければ型ごと取り出して粗熱をとり、パーチメントペーパーを持ち上げて網の上で冷まして完成です。
熱湯を入れたところ

蓋をしたところ

蒸しあがり

型ごと取り出し

パーチメントペーパーで冷ましているところ


ふっくらもちもち、甘さもちょうどよくて、かなり成功じゃな~い

あんこがしっかり感じられて、抹茶とあんこ好きBocchanも満足だったようです。

半分を、Jouchanのアパートでの朝食に持って行きました。
「Mamaにしてはしっかり甘さがついてて、あんこがいいじゃ~ん」
と、Jouchanも気に入ってくれました。

蓋つきの大きなフライパンでできるのが手軽で作りやすかったです。
抹茶の量もお好みで調節できますし、あんこの量で甘さも調節できるわ。
家族の面々が気に入ってくれたので、うちの定番にしようかなぁ
プロフィール

mattaripon

1995年からカリフォルニア・シリコンバレー在住。
在住年数と英語力は、反比例。
夫と息子と嫁と娘の5人家族。
声楽家かもしれない主婦。

ギャラリー
  • オレンジ
  • やっとかめ探偵団危うし
  • 目医者のチェックアップ
  • 桜
  • 桜
  • 桜
  • 桜
  • 桜
  • 桜
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ