mattariponのぽんこつ日記

まったりと趣味にいそしむ日々をまったり綴っていきます。

2022年04月

ドラゴン、家を買う

今日は、朝から晴れています。

少し風が強いです。

今朝は、犬の公園のほうを回りました。
ここにもバラのアーチがありました。

ちょっと寝ぐせみたいですけれど

三角コーナーにいっぱいのお花
 
年々増えていっているのでしょうね~。

忘れられたイチゴ。

雑草のようでもこんなに立派なイチゴになるのね。

白いバラ

白も集まると豪華です。

塀いっぱいの紫のお花。

こちらも、ここまで育つのには、何年かかったのでしょう。
毎年楽しみですね。

近所の角のお宅。
 
 
去年のほうがもっと、もわもわと地面いっぱいに咲いていたような気がします。
あれ?おととしだったかな?
今年は少し間引きされたようですね。
でも、ところどころに、新しく小さい赤いお花の苗が植えてあったので、これから楽しみですね~。
2.64マイル(約 4.25 Km)のお散歩でした。

***

2021年に全12話で放送された「ドラゴン、家を買う」を見ました。

ドラゴン、家を買う

現在も連載中の多貫カヲ原作による漫画がもとになっているようです。

タマゴを守る役目もろくにできずにドラゴン族から勘当されてしまったドラゴンのレティは、空も飛べない、猫舌なために自分で火も吹けない腑抜けドラゴンです。
腑抜けゆえ、安心して暮らすために家が欲しい、と家探しの旅に出ます。
建築士でありエルフであり魔王であるディアリアに出会い、一緒にレティの気に入る家を探しながらいろんな種族と出会ったり冒険をしたり、事件に巻き込まれたりしていく騒動のお話しです。

ドラゴンが入れるような大きな家であることが条件だったり、静かに暮らしたい、勇者に襲われないところ、などレティの条件に合う家を探すのは一苦労です。
クールなディアリアと、腑抜け巻き込まれ体質のレティとのデコボココンビ、ハチャメチャなやり取りがほんわかと楽しめる作品でした。

異世界の建築事情も、また面白い設定でしたねぇ。
通常の異世界物では拍手喝さいの勇者たちが、異世界人から見たら破壊の限りを尽くす暴れん坊であり、敵であるのも、また違った角度からの面白さでした。

よくまあ、こんな設定を思いついたものですわ、と原作者さんに感心しました。
ほっこりできる、ほのぼのアニメでした

San Francisco Golden Gate Park

今朝は、曇り空でしたが、10時ごろにはすっかり晴れ渡りました。


気持ちよ~くお洗濯物を干し終わって、お昼の支度を始めようか、というときに大家さんがお庭のお掃除にやってきました。
ここ数週間いらしていなかったので久しぶりですが、火曜日にいらっしゃるとは予想外。
生乾きの洗濯物を大慌てでとりこもうとしたら、たった3段の階段ですっ転び、抱えていた洗濯物が鳥の水飲み場にべちゃり
「もう、いや~ん
でした。
もう一度洗濯のし直しですよぉ、ほんとにもう

昨日は、所用で朝8時にサンフランシスコに行きました。
夕方4時までの暇つぶしに、Golden Gate Parkをぶらぶらすることにしました。
公園内にあるSan Francisco Botanical Gardenに行ってみたいと思っていましたので、まずはレッツゴーです。

サンフランシスコ市民だとお値段が安くなるようですが、市民ではないので、大人一人10ドルの入場料でした。
チケットなどはありませんでした。

広々として、なかなか気持ちの良い園内です。


思ったよりも暖かかったですが、海風が来るのか、爽やかな風が吹いていました。

入ってすぐに、段々飾りのような、お花の上にお花が咲くお花がありました。

うーーん、どこかで見たことがあるような…
どこのトレイルだったかしら?

黒い蜜蜂が大忙し。

写真を十字に4分割して、右上のエリアで飛んでいます。

シャクナゲや、サツキかツツジか、いろいろな色を見せてくれました。
 
 

園内は、いろいろなエリアに分かれていて、テーマに沿った植物が植わっていました。
古代の庭があり、入ってみました。
 
まさに、ジュラシックパークの世界のようでした。
コロボックルになったような気分です。

藤棚がありました。
 
この辺りは、今がシーズンだったのですね。
リンゴの木も、花盛り。


他のエリアでの変わったお花。
 
花びらの質感が、エナメルっぽくて、不思議な色でした。
こちらは、線香花火のよう。
 

 

ひと際鮮やかな蛍光色のお花でした。
同じ種類で、紫やピンクなどいろいろな色がありました。

Children's Gardenという標識があったので、行ってみました。
リンゴの木、豆の植物、ナシの木など、実のなる木や植物が所狭しと植えられていました。
 
アスパラガスの札のところでは、アスパラガスがにょっきり生えていました。
こんな風に出てくるのね!
これをポキッとおったら、まさに売り物のアスパラガス
これは勉強になりました。

近くのエリアに、巨大アスパラガス

いやいや、これはサボテン系ね。

redwoodの小さな森もありました
 
もともと生えていた木を保存しつつ公園にしたのかしらね。

どこもよく手入れされていました。


突然ぽつんと桜がありました。
 
ポンポンのようで、何とも言えず可愛らしかったです。

多分、American Robinかな?
 
何かくれるの?という目でリスにじっと見つめられましたが、何もないとわかるとどこかへ走っていきました。
さすがに人慣れしてますわ。

Botanical Gardenに再入場するために手にスタンプがもらえるかと聞いたら、名前と人数を言って係の人が手書きで控えを取っておいてくれました。
再入場の際に名前を言ったら
「Oh!Yeah!」
とすぐに通してくれました。

車の中で持参したお弁当を食べてから、
Golden Gate Parkの中をまた少し歩きました。
De Young Museum

とても入ってみたかったのですが、今日は我慢。

こんな観覧車、あったっけ?

観覧車前のオブジェの周りの黒い物体。

もしかして、オブジェを見つめる人型のアート作品かしら
しばらく見ないうちに、不思議なものが増えていましたわ

車に戻る途中に見つけたVERDIの銅像。

VERDIって、あの作曲家のこと?
調べてみましたら、Giuseppe Verdi Monumentと出てきました。
まさに、あのオペラ作曲家のヴェルディなのですね。
調べてみましたら、こんな記事がありました。

ヴェルディの胸像

サンフランシスコとヴェルディが深い関係にあるのかと思いましたが、どうもそういうことではなさそうですね。
近くには、ベートーベンの像もあったらしいです。
うーむ、見逃してしまった!

じっくり回るとまだ知らないことがたくさんありそうな公園でした。

Santa Teresa County Park

今日は、そよ風の吹く爽やかな陽気です。
COSTCOでガソリンを入れ、ついでにお買い物をして、近くのSanta Teresa County Parkへ行きました。


ちょうどよい具合に駐車場から1台車が出てきたので、スポッと停められました。
しばらく前に来たことがありましたが、そういえば、いきなり登りでした。

ここのところ、ハイキングはさぼり気味でしたので、すっかり体がなまっている感じ
腿が重いわ

丘のてっぺんに動物が見えました。

牛かと思いましたが、頭がもっとこぶりですから、鹿でしょうね。

もう、緑が薄くなり、茶色の斜面になってきてしまいました。
ごつごつの道

やっと分かれ道。

今日は遠くが霞んでいました。
無理せず、ここで引き返しました。
2マイルちょっとしか歩きませんでしたが、150メートルくらい登ったようです。
吹きすぎる風が、気持ちよかったです。

近所の散歩

今朝はすっきりとよく晴れています。

お洗濯物がせいせいと干せます。
きっとパリパリに乾くわ

昨日の午後、Dannasanが鳥の水飲み場で水浴びをしている鳥を撮影したようです。

かなり豪快に水を跳ね飛ばしていきましたのね
この鳥、餌箱の中で飛び跳ねて、餌もまき散らすのよ。
飛び跳ね方がステップを踏んでいるように見えるので、うちでは”ダンシングバード”と呼んでいます。

今日は、芋虫の公園のほうに行きました。
数軒先のお宅のピンクのバラのアーチが、今年も見ごろです。
 
いつもお庭がきれいで、よく手入れをされていらっしゃいますわね。
毎年、このアーチを楽しみにしています。
今年もお見事

イースターのお庭。

イースターサンデイはこの間の日曜日だったかしら?
タマゴ探しのイヴェント、今年はあちらこちらで開かれたのかしらね。

なんと大輪!
 
これは、アマリリスではないかしら。
歌の題名にもなっていますね。
確かに、歌になりそうなお花ですわ

これはこれは!ブーゲンビリアのアーチ

ガレージに車を入れるたびに大歓迎、って感じ

ヒマワリの蕾に、星なしテントウムシ発見。

てんとう虫が減っていると聞いたことがあるような気がしますが、健在ですね。

昨日は、赤いポチの白いお花を見つけましたが、今日は赤いポチのピンクのお花がありました。
 
これはまた、和菓子のようです。
2.55マイル(約 4.1 Km)のお散歩でした。

犬の公園の裏山

昨晩は、雨が降っていたようです。

朝には上がっていましたが、お洗濯物は乾きそうもないので、今日はやめておきましょう。

今日は、犬の公園の裏山のほうに行きました。
赤いポチが可愛いお花。
 
赤いポチがオカメインコみたいな、おたふくみたいな、なんだか思わずフッと微笑みたくなるようなお花ですわ。

公園の芝生で、いつものミニーちゃんが朝寝中。

夜、たくさん遊んだのかな?
陽だまりスポットをよく知っていること
眠れるときに、しっかり睡眠をとっておいてくださいな

公園横の入り口にいつもよりたくさん車が停まっていて、黄色いロープが張ってあったり、いつもと様子が違いました。
中に入ってみたら、ヴォランティアの活動があるようでした。


ヴォランティア専用の車まで停まっていました。
こんな車があるのね~

斜面では、沢山の人が作業中でした。

どうも、植樹の作業のようです。

ありました!

オークの苗のようです。
そういえば、この公園、オークグローヴと名前がついていたような
緑がふえるのね~

ただ単に、市が管理しているだけではなかったのね。
Dannasanが
「そういえば会社でも、公園のヴォランティア募集、っていうお知らせが来たことがあるよ。」
と言っていました。
こういう地道な活動のおかげで、心地よい憩いの公園が成り立っていたのですね。
ヴォランティアの皆様、ありがとうございます
改めて感謝です
プロフィール

mattaripon

1995年からカリフォルニア・シリコンバレー在住。
在住年数と英語力は、反比例。
夫と息子と娘の4人家族。
声楽家かもしれない主婦。

ギャラリー
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 風都探偵
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所
  • 近所