抜けるような青空です。
風が吹いていて、お洗濯物がよく乾きそうですよ

朝は、手をこすり合わせたくなるような寒さでした。
暖房の準備をせねば!

今日の午前中は1週間分の買い物三昧で、5か所の梯子でした。
それでも買い忘れがあるって、どういうこと
買い物リストを握りしめて、回ったのにね~。
リストには、大きな字で書かないとダメね

***

涼しくなってくるとオーブン物が作りたくなります。
Bocchanの好きなアップルパイを作りました。


今回使ったリンゴ

Modiという種類で、近くのスーパーで安売りをしていたので、初めて使ってみました。

パイ生地は、いつものように手抜きの冷凍生地を使いました。
*計量は、アメリカカップで 1 cup=250 ml です。

1 リンゴ6個の皮をむき、櫛切りにしてから横に5ミリ幅くらいにスライスし、大きなボールに入れます。


2 砂糖(グラニュー糖) 2/3 cup
  シナモン 小さじ2
上記を中くらいのボールに入れて、混ぜておきます。
これくらいの分量

混ぜたところ


3 1に2を少しずつかけて、その都度さっくりと混ぜます。


4 パイ皿にパイ生地を敷き、フォークなどでピケし、その上に3を入れます。
*パイ皿は、口径が23 cmくらいのものを使いました。


5 上から、もう1枚のパイ生地をかぶせ、パイ生地の2枚を一緒に上に巻き上げるように閉じていき、上のパイ生地もフォークなどでピケします。


6 5をトレイの上に乗せて、400℉(約 204℃)のオーブンで1時間焼いたら出来上がりです。
*冷ましてから切り分ける方が、中のソースがダレないかもしれません。
トレイに乗せて焼く前

焼き上がり


今回は、焼いている最中に、トレイに中の汁がぽたぽた落ちませんでした。
焼きあがっても、しばらくはジュージューと中でリンゴが余熱調理されているような音がしました。

今回、初めての種類を使ってみましたが、身がしっかりと引き締まった固めのリンゴでした。
そのまま食べてみたら、爽やかな甘みで、すこーし酸味が舌に残る感じがしました。
リンゴそのもののジュースが少なめなのが、パイにはちょうど良かったのかもしれません。

砂糖を
2/3 cupにしてみましたが、十分な甘さでした。
Dannasanは
「これくらいの甘さでいいんじゃない
と言っていたので、決まりかな?

砂糖を半カップにするとどうかなぁ。
もしかしたら物足りないかな?
アイスクリームなどを添えるとしたら、半カップでもいいのかな?
少し前まで、Trader Joe'sで豆乳のアイスクリームを売っていたのですが、最近見かけなくなってしまったのよ
復活しないかなぁ。

Bocchanもペロリと平らげ、
「美味しかった!」
と言ってくれたので、よかった~

これからサンクスギヴィング、クリスマス、とアップルパイの季節到来です。
いろんなリンゴで試してみようかなぁ