今朝も雲が厚くかかっていました。

10時過ぎにはすっかり晴れ渡っています。

今日は木曜日なので、大家さんがお庭の掃除にいらっしゃいました。
今週末にでも収穫しようと思っていたザクロの実を、3つ収穫して行かれました。
まだ3個ほど残っているので、こちらは、我が家でいただきましょう

今朝は、芋虫の公園のほうを回りました。
クリスマス色の実
 
この木も、実の色と葉っぱの具合が、クリスマス色に見えました。

ブルージェィが、ドングリをくわえていました。

そういえば、日本では、ドングリの不作によるクマの被害に注意、と呼びかけられているようです。

NHK  どんぐり不作

岐阜県、北海道、群馬などで不作が報告されているようです。
ドングリが不作だとクマが困って、クマが困ると人も困る、という連鎖反応が起きるとは予想していませんでした。
そもそも、クマがドングリを食べるということを初めて知った次第です

公園脇のコケモモが鈴なり。
 
ちゃんと調べてみたら、Arbutus unedoと言って、strawberry treeと呼ばれているそうです。
日本語名もそのままイチゴノキだそうです。
ずっとコケモモだとばかり思っていました!

鳥もあまり食べないようなので、食用には向かないのかな?と思って調べてみました。
ジャム、ママレード、シロップ、お酒などとして使われるようです。
ジャムは、タルトにしたりすると美味しいらしいです。
お酒は、ポルトガルのmedronhoと言う強いブランデーが代表的のようですよ。

2.37マイル(約 3.81 Km)のお散歩でした。

***

北杜夫著の「南太平洋ひるね旅」を読みました。


巻末によると、1967年発行、1973年17刷とありました。
後記には、1962年に一度刊行されたものを復刊した、とありました。
60年も前の旅行記ですよ~。

背表紙を見たら定価300円ですって
ちょっとイレギュラーな大きさの本ですから、今だったら1000円くらいするのではないかしら?
物価がこんなに推移しているとはね。

それに、今日は1ドル147円まできてますよ。
どこまで行くのでしょう。

どくとるマンボウこと著者の北杜夫が、ホノルルを経由して南太平洋のタヒチ、フィジー、ニューカレドニア、東西サモアを訪れた旅行記です。
60年前の旅行記ですから、今よりもずっと素朴で、観光化も進んでいなかったようです。

「ひるね旅」との表題は、現地の時間の速度に合わせて、昼寝でもしながらしながらのんびり過ごそうよ、という意味もあるように思いました。
欲張って時間を惜しんであちこち見て回るのは、現地の流れに沿わないよ、ってところでしょうか。
なんせ、60年前のことですからね。

突然スコールが降ったり、天候に右往左往される様子が随所に出てきました。
失敗談やハプニングもあり、それを大げさでなくあるがままに書かれていて、一緒に体験しているような気にもなれました。

前述の後記には、1969年の追記として、ハワイの汚かった道がすっかり区画整理されていた、東サモアにも近代的ホテルができた、とありました。
北杜夫氏が訪れた時のようなのほほんとした雰囲気は、今は影を潜めているかもしれません。

ニューカレドニアといえば「天国に一番近い島」ですよね~。
ニューカレドニアの離島のウベア島が舞台となっているんですって。
「天国に一番近い島」は、原田知世ちゃん主演の映画を映画館で見ましたっけね。
薬師丸ひろ子ちゃんの「Wの悲劇」と同時上映でした。
美しい景色、美しい海が目に焼き付いた作品でした。

サモアと言えば、子どもの歌に「サモア島の歌」と言う晴れ晴れとする歌もあります。

見たいところ、行きたいところにも回りたいし、ひるね旅と決め込めるかしら?
南太平洋の島々、ぜひ一度は行ってみたいですわ~